鎌倉版 掲載号:2014年2月14日号 エリアトップへ

「しらすの沖漬け」が県のブランド商品に 地元料理研究家が開発

経済

掲載号:2014年2月14日号

  • LINE
  • hatena
市内3店舗で取扱っている
市内3店舗で取扱っている

 「第1回神奈川なでしこブランド」の認定商品がこのほど発表され、市内では「相模灘 湘南しらすの沖漬け」が選ばれた。

 なでしこブランドは、社会における女性の活躍を応援しようと神奈川県が新設した制度。県内の事業所や団体で、女性が開発に貢献した商品、サービス44件を認定した。

 しらすの沖漬けは、採れたてのしらすを船上(沖)でタレに漬け込み、日持ちの良さと深い味わいを実現したもの。市内岡本で料理教室「鎌倉ダイニング」を主宰する矢野ふき子さん(=人物風土記で紹介)が開発した。きっかけは3年前、テレビ番組の取材で「漁師の朝ごはんに合うメニューを作ってほしい」とリクエストされたことだった。

 生しらすは鮮度が落ちるのが早く、漁師の間では「持つのは1日」が常識。売れ残り廃棄する商品も多いと聞いた矢野さんは、父親が昔、ホタルイカの沖漬けを美味しそうに食べていたことを思い出し、しらすで沖漬けを作ることを思いついた。醤油、みりん、酒で作ったタレに、船上でしらすを漬け込んでもらったところ「予想をしていた以上の美味しさだった」という。その後、何度も試行錯誤を重ね、1カ月ほどで納得できるタレを完成させた。

 取材で知り合った「もんざ丸」(材木座)で販売が始まった同商品は口コミでファンを増やし、現在は神奈川県しらす協議会に所属する12軒が取り扱う。

 2月6日には横浜で表彰式が行われた。黒岩祐治県知事とのトークショーも行った矢野さんは「認定を機に鎌倉発祥の新しい味としてアピールしたい。生産、加工、販売を一体とした『6次産業』のモデルにもなると思う」と話している。

 市内取り扱い店は、もんざ丸【電話】0467・22・2960、喜楽丸(坂ノ下)【電話】0467・50・0881、三郎丸(坂ノ下)【電話】0467・24・1331。価格は1パック(100グラム)550円から。3月のしらす漁解禁以降に安定して店頭に並ぶという。

表彰を受けた矢野さん(後列左)
表彰を受けた矢野さん(後列左)

鎌倉まめや小町通り店

5月に店舗をリニューアル。広々とした店内には常時70~80種の豆菓子が充実。

http://www.mame-mame.com/

<PR>

鎌倉版のローカルニュース最新6

「介護している人は素敵だよ」

人生100年時代を考える

「介護している人は素敵だよ」 文化

毒蝮三太夫さんインタビュー

6月14日号

がん医療の拠点建設へ

湘南鎌倉総合病院

がん医療の拠点建設へ 社会

20年10月竣工予定

6月14日号

納涼うちわ販売中

納涼うちわ販売中 文化

今年の作者は片桐聖子さん

6月14日号

若き日の丸セーラーズ、世界へ

香慶会が発表会

ヤマアジサイが見頃

ヤマアジサイが見頃 文化

浄明寺 一条恵観山荘

6月14日号

患者が描いた作品展

清川病院

患者が描いた作品展 文化

21回目の開催

6月14日号

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ラグビーW杯の楽しみ方

ラグビーW杯の楽しみ方

元日本代表が無料講座

7月6日~9月7日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク