鎌倉版 掲載号:2014年2月28日号 エリアトップへ

「ハンクの“魂”追い続けたい」 俳優・高橋和也さん鎌倉FMに出演中

文化

掲載号:2014年2月28日号

  • LINE
  • hatena
番組では必ず生歌も披露している
番組では必ず生歌も披露している

 鎌倉エフエムで放送中のカントリー音楽専門番組「親父のカントリー」(毎週水曜日午後8時〜9時、再放送日曜午前11時〜12時)に、俳優の高橋和也さん(44)が2年前からレギュラー出演している。高橋さんは毎月第2週に登場。「敬愛してやまない」という伝説的スター歌手、ハンク・ウィリアムスの曲を紹介し続けている。

 今年放送開始から10周年を迎える「親父のカントリー」に、高橋さんが出演するようになったのは、2012年の7月から。同年5月、都内で開催されたカントリー音楽のイベントに出演していた高橋さんの声に、パーソナリティーの大塚哲夫さんが惚れ込み、出演を依頼したことがきっかけだ。

 高橋さんが番組で紹介するのは「カントリー音楽の歴史で最も重要な人物の一人」と言われるハンク・ウィリアムス(1923〜53)の曲ばかりだ。トップ俳優の一人として数多くのドラマや映画に出演を続ける高橋さんは、カントリーバーを経営する父の影響もあり、幼いころからカントリー音楽に親しんできた。そんな高橋さんがハンクに傾倒するようになったのは40歳を過ぎてからだという。

 ハンクは29歳で亡くなるまでの数年間に数多くのヒット曲を残し、ボブ・ディランをはじめ多くのミュージシャンに影響を与えた。高橋さんは「生きることの喜びや悲しみ、人がいかに生きるべきかなど、時代を超越したメッセージに魅かれた」と振り返る。

 その一方で「現代の日本ではハンクが紹介される機会はほとんどない。ハンクの歌を、そしてカントリーを次の時代に引き継いでいきたかった」と出演を決めた思いを語る。出演はボランティアで、大塚さんは「彼ほどのスターがこんな条件で出演してくれるのはあり得ない」と話すが、高橋さんは「ハンクの歌をかけて、ハンクの歌を歌い、ハンクのことを語る贅沢な1時間」と笑う。

 出演開始から2年近く。番組がインターネット配信されていることもあり、最近では全国から反響が寄せられるようになった。「新しいファン、それも若いファンが徐々に生まれている」と、確かな手ごたえを感じている。

 高橋さんはトヨタ自動車をモデルとしたドラマ『LEADERSリーダーズ』(TBS系3月22日、23日放送)に出演するほか、映画『パズル』(内藤瑛亮監督・3月8日公開)、『そこのみにて光輝く』(呉美保監督・4月19日公開)が公開を控えるなど、俳優として忙しい日々を過ごしているが、ハンクへの思いはますます高まっているようだ。「彼が遺した音楽を生涯かけて追及していきたい。それだけの価値があることだと思っている」。伝説のスターが歌に込めたメッセージとその魂を、これからも鎌倉から発信していく。

鎌倉版のローカルニュース最新6

自宅の災害リスクは?

今こそ防災!

自宅の災害リスクは? 社会

「鎌倉市防災情報マップ」更新

9月17日号

セーリング体験

参加募集

セーリング体験 スポーツ

10月江の島で

9月17日号

2年続けて「新しい様式」で

鶴岡八幡宮例大祭

2年続けて「新しい様式」で 文化

流鏑馬中止、神輿は車で

9月17日号

守り伝える神宝一堂に

守り伝える神宝一堂に 文化

鎌倉国宝館

9月17日号

10月に会員登録講習会

地域の子育てを支援

10月に会員登録講習会 社会

ファミリーサポートセンター

9月17日号

奥深き「ひょうたん」

大船フラワーセンター

奥深き「ひょうたん」 社会

18日まで企画展も

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook