鎌倉版 掲載号:2016年6月24日号 エリアトップへ

鎌倉市商店街連合会の会長に就任した 高橋 令和(のりかず)さん 小町在住 74歳

掲載号:2016年6月24日号

  • LINE
  • hatena

「連携深め課題に対応」

 ○…市内29商店街、約2千人の会員が加入する鎌倉市商店街連合会の新会長に、このほど就任した。「まずは研修や見学会など、従来からの事業をしっかり引き継ぎ、実施していきたい」と意気込む。観光地だけでなく、商業地や住宅街など、様々な顔を持つ鎌倉。「地域ごとに課題は違うけれど、共通する点も多い。横の連携を深めながら対応していけたら」と噛み締めるように話す。

 ○…生まれ育った小町に現在も住む。大学を卒業後、ビールメーカーの営業マンとして働いていたが、兄が営む銘木店(床の間や茶室に使用する木材や竹などの高級建材を扱う会社)を都内から鎌倉に移したことをきっかけに、共同で事業にあたることになった。「鎌倉には立派な和室を持つ家が多くてね。高度成長期だったし、商品もたくさん売れたよ」と、商談のために県内外を駆け回った。3年前、兄が亡くなったことを機に事業を整理。現在は小町通りで妻とともに工芸品店を営む。

 ○…鎌倉小町商店会の会長となったのは20年近く前。以前から同会の青年部に所属し、イベントの企画や路面のタイル化などに取り組んできた。「まちを良くしようと、仲間たちとはよく考え、よく飲んだよ」と笑う。メディアへの露出が増えたことから、小町通りには多くの観光客が押し寄せる。ゴミ処理や外国人への対応など、課題は山積しているが「一つ一つ取り組んでいく。我々が経験したことは、市内のほかの商店街にも還元できるはず」と前向きにとらえる。

 ○…「目の手術をしたからサングラスをかけているんだけど、怖い人に見えるみたい」と首をすくめる。確かに口調は「べらんめえ」だが、そのなかに温かい人柄が垣間見える。蛭子神社の氏子総代をはじめ母校・鎌倉学園高校の同窓会など地域での役も多く務める。そのバイタリティが必要とされる場面が、今後ますます増えそうだ。
 

鎌倉版の人物風土記最新6

飯森 範親さん

鎌倉芸術館で開催される「日本語で歌う『第九』歓喜の歌」を指揮する

飯森 範親さん

56歳

12月13日号

町田 隆彦さん

「鎌倉だいこん未来研究クラブ」の会長を務める

町田 隆彦さん

由比ガ浜在住 56歳

12月6日号

河野 翔太さん

はんだ付けコンテスト世界大会に日本代表として出場した

河野 翔太さん

寺分在住 26歳

11月29日号

寺田 しのぶさん

今日から12月1日まで鎌倉芸術館で個展を開催する仏画師

寺田 しのぶさん

藤沢市在住 56歳

11月22日号

中田 由美子さん

押し花作家として県押花芸術展グランプリを受賞し、地域での講習にも取り組む

中田 由美子さん

常盤在住

11月15日号

佐々木 真史さん

日本基督教団鎌倉教会で始まった新人芸術家支援活動のプロデューサー

佐々木 真史さん

東京都在住 51歳

11月8日号

伊藤 玄二郎さん

「かまくら春秋社」の代表で、このほど神奈川文化賞を受賞した

伊藤 玄二郎さん

藤沢市在住 75歳

11月1日号

あっとほーむデスク

  • 12月13日0:00更新

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

世界一の歌声披露

清泉女学院

世界一の歌声披露

大船でチャリティー

12月21日~12月21日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク