鎌倉版 掲載号:2018年1月19日号
  • googleplus
  • LINE

鎌倉のとっておき〈第33回〉 鎌倉の梵鐘

観応元年の銘が刻まれた東慶寺の梵鐘
観応元年の銘が刻まれた東慶寺の梵鐘

 一年の終わりと始まりを知らせる「除夜の鐘」。今年も多くの人が耳にし、新たな年への思いを胸に刻んだことだろう。寺院の鐘は「梵鐘」といい、音や形、刻まれた銘にそれぞれ特徴がある。

 鎌倉の梵鐘というと、国宝に指定されている建長寺の梵鐘や円覚寺の洪鐘が代表的である。銘文には北条時頼や北条貞時、蘭渓道隆など、権力者・高僧の名前が記されている。そしてこれに常楽寺の梵鐘(鎌倉国宝館に寄託)を加えて、「鎌倉三名鐘」と称する。

 常楽寺の梵鐘は鎌倉市内最古のもので宝治二年(1248年)と記されており、建長寺の梵鐘は建長七年(1255年)、円覚寺の洪鐘は正安三年(1301年)に鋳造された事が記されている。また長谷寺の梵鐘(観音ミュージアム収蔵)は文永元年(1264年)に鋳造された。鎌倉時代に造られたこれらをあわせて「鎌倉四大古鐘」ともいう。

 また、南北朝時代に鋳造された鐘も残っている。東慶寺の梵鐘は観応元年(1350年)と記されている。この鐘は材木座の補陀洛寺から移されたものである。

 中世の遺物の多くは戦火や災害で失われ、建物は再建が繰り返されている。しかし梵鐘は当時から使われ続けている貴重な存在で、今も昔も人々の生活の一部となっているのが特徴だ。

 梵鐘の銘文は読みづらいものが多い。しかし鋳造年と梵鐘の姿形、そして音を聞くだけでも十分に歴史を感じる事ができるだろう。そしてお気に入りの鐘を見つけるのも、お寺巡りの楽しみである。  浮田定則
 

鎌倉版のコラム最新6件

第六代将軍宗尊親王の『源氏物語』と更迭

鎌倉と源氏物語〈第23回〉

第六代将軍宗尊親王の『源氏物語』と更迭

2月16日号

描かれてゆく鎌倉

鎌倉のとっておき〈第34回〉

描かれてゆく鎌倉

2月2日号

後深草院二条と第七代将軍惟康親王

鎌倉と源氏物語〈第22回〉

後深草院二条と第七代将軍惟康親王

1月26日号

二階堂永福寺と『とはずがたり』の作者二条

鎌倉と源氏物語〈第21回〉

二階堂永福寺と『とはずがたり』の作者二条

12月8日号

お酒にまつわるエトセトラ

鎌倉のとっておき〈第32回〉

お酒にまつわるエトセトラ

12月8日号

鎌倉にある湖とその歴史

鎌倉のとっておき〈第31回〉

鎌倉にある湖とその歴史

11月24日号

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

写真で笠智衆さんを偲ぶ

写真で笠智衆さんを偲ぶ

3月1日から回顧展

3月1日~3月8日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月23日号

お問い合わせ

外部リンク