鎌倉版 掲載号:2018年2月16日号 エリアトップへ

鎌倉と源氏物語〈第23回〉 第六代将軍宗尊親王の『源氏物語』と更迭

掲載号:2018年2月16日号

  • LINE
  • hatena
称名寺北条実時銅像
称名寺北条実時銅像

 「武士の都」として知られる鎌倉ですが、『源氏物語』と深い関係があることはあまり知られていません。文化薫る歴史を辿ります。

 『とはずがたり』の作者・後深草院二条が鎌倉に下向した時の将軍第七代惟康親王(これやすしんのう)の父第六代将軍宗尊親王(むねたかしんのう)は、鎌倉の源氏物語の象徴の「尾州家河内本源氏物語(びしゅうけかわちぼんげんじものがたり)」を制作した方と思われます。第54帖「夢の浮橋」巻奥書に名を残す北条実時が小侍所別当として仕えていました。光源氏のように美しい方だったようです。

 後嵯峨天皇の皇子・宗尊親王を鎌倉に迎えたのは第五代執権北条時頼です。両親から引き離され、鎌倉という遠い異国の地で独り生きるはめになった11歳の少年親王の悲嘆と絶望を癒すべく、時頼は親身になって親王に仕えました。時頼が生きていたら宗尊親王の更迭はなかったでしょう。

 享年37才で時頼が亡くなった時、宗尊親王は22歳になっていました。時頼の嫡子的存在で第八代執権となる北条時宗は13才です。嫡子的存在というのは、時宗には兄時輔(ときすけ)がいるからです。時輔の母の身分が低いために、時宗が生まれた時から嫡子として扱われました。

 宗尊親王も母君の身分が低いために天皇になれず、鎌倉に将軍として下向させられました。即位されたのが弟君の後深草天皇です。ですから宗尊親王は時輔に心を寄せ、時宗には辛く当たります。当然、時宗は宗尊親王に対して敵愾心をもって育ちます。そこに時頼の思いもかけない早世。時宗は第七代執権政村とともに宗尊親王を更迭したのでした。

織田百合子
 

鎌倉版のコラム最新6

鳩が舞い降りる街

鎌倉のとっておき 〈第100回〉

鳩が舞い降りる街

11月20日号

源氏の御曹司(おんぞうし)に仕えて

鎌倉のとっておき 〈第99回〉

源氏の御曹司(おんぞうし)に仕えて

10月30日号

日本の製紙産業への功績跡

鎌倉のとっておき 〈第98回〉

日本の製紙産業への功績跡

10月23日号

鎌倉の民謡あれこれ

鎌倉のとっておき 〈第97回〉

鎌倉の民謡あれこれ

10月16日号

鎌倉と御家人〜相馬氏〜

鎌倉のとっておき 〈第96回〉

鎌倉と御家人〜相馬氏〜

10月9日号

江ノ電の車窓から

鎌倉のとっておき 〈第95回〉

江ノ電の車窓から

9月18日号

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク