鎌倉版 掲載号:2018年3月30日号 エリアトップへ

鎌倉のとっておき〈第38回〉 谷戸にたたずむ、神の宿る木

掲載号:2018年3月30日号

  • LINE
  • hatena
鎌倉歴史文化交流館にある梛の木
鎌倉歴史文化交流館にある梛の木

 梛(なぎ)という木を知っていますか?マキ科の常緑高木で雌雄異株(しゆういしゅ)。海の「凪」に音が通じることから航海の安全を司る木として、古来より船乗りたちの信仰を集めてきました。

 熊野神社の総本宮、和歌山県の熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)には推定樹齢千年の大樹の御神木があり、平清盛の嫡男である平重盛の手植えと伝えられています。伊豆山神社にも御神木の梛の木があり、北条政子と源頼朝が逢瀬を重ねた場所であることから縁結びの木としても知られてきました。

 鎌倉では頼朝の墓や壽福寺の山門の横、光則寺の境内などで見ることができます。鶴岡八幡宮には大石段の右側に約20メートルの高さの大木があり、『新編相模国風土記稿』にも2010(平成22)年に倒伏した大銀杏と同様に扱われる記載で登場しています。

 昨年5月に開館した鎌倉歴史文化交流館にある梛の木は、扇ガ谷の自然に囲まれた庭園の一角に植えられています。

 広々とした石畳の庭園に立つと、かつて無量寺谷(むりょうじがやつ)と呼ばれた谷戸が生み出すさまざまな音が聞こえてきます。山から染み出す水の音、木々を揺らす風の音、鳥や小動物たちの生活音。そんな豊かな自然に包まれながら、さほど大きくないその木は、元個人宅だった建物の新たな船出を見守るかのように静かにたたずんでいるのです。

鵜飼友里
 

鎌倉版のコラム最新6

武士の魂、鎌倉に宿る

鎌倉のとっておき 〈第116回〉

武士の魂、鎌倉に宿る

7月23日号

鎌倉と御家人〜山内首藤氏〜

鎌倉のとっておき 〈第115回〉

鎌倉と御家人〜山内首藤氏〜

7月16日号

頼朝の幼なじみ、東奔西走する!(中原氏)

鎌倉のとっておき 〈第114回〉

頼朝の幼なじみ、東奔西走する!(中原氏)

7月2日号

源頼朝とは兄弟だった?(八田氏)

鎌倉のとっておき 〈第113回〉

源頼朝とは兄弟だった?(八田氏)

6月25日号

鎌倉と荘園〜山内荘(やまのうちのしょう)〜

鎌倉のとっておき 〈第112回〉

鎌倉と荘園〜山内荘(やまのうちのしょう)〜

6月18日号

早春に芽吹く紫陽花

鎌倉のとっておき 〈第111回〉

早春に芽吹く紫陽花

6月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter