鎌倉版 掲載号:2018年5月11日号 エリアトップへ

鎌倉のとっておき 〈第42回〉 鎌倉発の"ファッショントレンド"

掲載号:2018年5月11日号

  • LINE
  • hatena
鶴岡八幡宮の舞殿
鶴岡八幡宮の舞殿

 ここ鎌倉では、最近、和服姿の若い女性たちを見かけることが多い。この「和服」、歴史をたどれば、その原型は意外にも中世鎌倉の武家社会と大いに関係している。

 洋の東西を問わず、時のファッションリーダーは、当時の為政者や芸能関係者たち。

 平安時代なら貴族。特に女性の服装は、小袖(袖の小さな肌着)、長袴、袖の大きな表衣(うわぎ)、唐衣(上に羽織る衣)などを着込む優美な女房装束(十二単)が一般的だった。

 中世鎌倉は武士の世。服装も武家社会の質実剛健の価値観から、実用的で動きやすいものへと簡略化されていった。特に女性の服装は、袖の大きな衣から、「小袖」を表衣としてまとう形に変化し、徐々に一般化していった。この「小袖」が現在の和服の原型となり、以降、一層洗練され「和服」として確立されていったという。

 こうした服装の変化(トレンド)は、当時の為政者の姿からも見て取れる。

 幕府の歴史書『吾妻鏡』には、源頼朝が美麗な服装の家来の袖を自ら刀で切り取り、華美をやめるよう諭したとある。

 吉田兼好の『徒然草』には、5代執権北条時頼の求めに応じた武士が、「色々な染め物を三十反、それを目の前で女房どもに小袖に仕立てさせて後で贈った」との記載もあり、「小袖」のメジャー化もうかがえる。

 源義経の愛妾、白拍子の舞の名手だった静御前。当時のファッションリーダーには、今街ゆく人々のファッションはどのように映っているのだろうか。   

石塚裕之
 

鎌倉版のコラム最新6

観音菩薩を訪ねて

鎌倉のとっておき 〈第103回〉

観音菩薩を訪ねて

2月19日号

踏切の傍らにひっそりと

鎌倉のとっておき 〈第102回〉

踏切の傍らにひっそりと

2月5日号

鎌倉で舞い踊る

鎌倉のとっておき 〈第101回〉

鎌倉で舞い踊る

1月29日号

鳩が舞い降りる街

鎌倉のとっておき 〈第100回〉

鳩が舞い降りる街

11月20日号

源氏の御曹司(おんぞうし)に仕えて

鎌倉のとっておき 〈第99回〉

源氏の御曹司(おんぞうし)に仕えて

10月30日号

日本の製紙産業への功績跡

鎌倉のとっておき 〈第98回〉

日本の製紙産業への功績跡

10月23日号

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

  • 1月29日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク