鎌倉版 掲載号:2018年8月31日号 エリアトップへ

鎌倉のとっておき 〈第46回〉 中世鎌倉の子育て事情

掲載号:2018年8月31日号

  • LINE
  • hatena
光照寺の子育て地蔵
光照寺の子育て地蔵

 鎌倉の寺社には、安産や子育て、恋愛や長寿など様々なご利益がある。

 特に子育ては、光照寺や妙法寺(山崎)など子育て地蔵もあり有名だ。

 子育てには家族の協力も大切だが、平安時代、武士の住まいは夫婦別居、子は母と同居が一般的だった。中世鎌倉になると、それまでの通い婚から徐々に夫婦同居へと変化していったという。同居婚の起源である。

 当時は戦への備えが大事。そこで武士は、より多くの親族を形成し、武士団として力を強化するため、子どもが生まれると、子の養育を他の武家(乳母)に任せることで姻戚関係を広げていった。子育ての分業化でもある。

 男子は武士の世継ぎとなるため、読み書きなどを学びに仏教寺院に通い、女子は武士の女房となるためのしつけが施されたと聞く。

 かたや庶民の大半は、農業中心の自給自足の生活だった。

 吉田兼好は『徒然草』の中で、「人に必要なのは、一に食べもの、二に着るもの、三に住むところ。これに薬を加えた四つのほかを求めるのは贅沢だ」との旨記しており、当時の日常生活の厳しさも伺える。

 こうした中、庶民の子育ては、手の空いている母親や祖母など女性に任されていたようだ。また当時の絵巻には、商工業の子どもたちが店や工事現場で手伝う姿も描かれるなど、仕事場と生活が一体化した様子は、現在の子育てにも通じる形である。

 毎回「住みたい街ランキング」上位の鎌倉、子育てのご利益も期待できる街である。

石塚裕之
 

鎌倉版のコラム最新6

武士の魂、鎌倉に宿る

鎌倉のとっておき 〈第116回〉

武士の魂、鎌倉に宿る

7月23日号

鎌倉と御家人〜山内首藤氏〜

鎌倉のとっておき 〈第115回〉

鎌倉と御家人〜山内首藤氏〜

7月16日号

頼朝の幼なじみ、東奔西走する!(中原氏)

鎌倉のとっておき 〈第114回〉

頼朝の幼なじみ、東奔西走する!(中原氏)

7月2日号

源頼朝とは兄弟だった?(八田氏)

鎌倉のとっておき 〈第113回〉

源頼朝とは兄弟だった?(八田氏)

6月25日号

鎌倉と荘園〜山内荘(やまのうちのしょう)〜

鎌倉のとっておき 〈第112回〉

鎌倉と荘園〜山内荘(やまのうちのしょう)〜

6月18日号

早春に芽吹く紫陽花

鎌倉のとっておき 〈第111回〉

早春に芽吹く紫陽花

6月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter