鎌倉版 掲載号:2018年11月16日号 エリアトップへ

「エイジシュート」30回達成 梶原在住・廣澤さん11年で

スポーツ

掲載号:2018年11月16日号

  • LINE
  • hatena
笑顔の廣澤惇さん
笑顔の廣澤惇さん

 市内梶原在住の廣澤惇さん(91)がこのほど、ゴルフの1ラウンドを自身の年齢と同じかそれ以下のスコアで回るエイジシュート30回を達成した。80歳で初めて達成して以来、骨折や大腸の手術などを乗り越え、11年で達成。「30回を目標にしていた。楽しいチャレンジだった」と喜びをかみしめた。

91歳、衰えぬ挑戦心

 ゴルフを嗜む人であれば、一度は達成したいと思うのが「ホールインワン」、「アルバトロス」、そして「エイジシュート」。特に運ではなく自分の腕前だけで達成するエイジシュートは、勲章の一つといわれている。

 30回目のエイジシュートは、11月7日の芙蓉カントリークラブ(藤沢市)の開場記念杯だった。パー70のコースを、スコア86(アウト44、イン42)で回り、年齢を5つ下回って記録達成となった。

 廣沢さんが本格的にゴルフを始めたのは76歳からと遅い。仕事に一区切りつき「好きだったゴルフに打ち込みたい」とプロの指導を受け始めると、メキメキと腕を上げた。

 最初のエイジシュートは80歳。スコアは年齢と同じ80だった。実はエイジシュートを知らなかった廣澤さん。周りから「すごいね」と称賛の声をかけられ、記録の素晴らしさを知ったという。

 もともとチャレンジ精神旺盛な性格。その時に「よし、90歳までに30回のエイジシュートを達成しよう」と決意し、人生の目標になった。

 多い時で週4日練習場へ通い、週末は芙蓉カントリーでコースを回る。ほぼ毎日クラブを振り、家でも寝る前のパット練習を欠かさなかった。体力維持のため近所の坂を走って登るなど、地道に努力を重ねた。

 記録達成に向け30ヤード前後のアプローチショットの正確さには人一倍こだわった。

 クラブは、シャフトの素材からグリップ、バランスなどを工夫し、技術を磨いたという。

 そうして成し遂げた30回は喜びもひとしお。「年を重ねても何かできることを証明したかった。ゴルフは自分自身へのチャレンジ。勝った負けたではなく、目標を持ってやることが楽しみ」といい、「エイジシュートは一区切りだけれど、楽しいゴルフを続けていきたい」と笑顔で話した。

技術を磨いたアプローチショット。91歳とは思えないやわらかいスウィング
技術を磨いたアプローチショット。91歳とは思えないやわらかいスウィング

鎌倉版のローカルニュース最新6

バレエ映画上映・展示

LINEで子育て相談

LINEで子育て相談 社会

事前予約制で実施

1月8日号

女性のための健康相談

女性のための健康相談 社会

21日のほか、電話でも

1月8日号

累計で338人に急増

新型コロナ市内染者

累計で338人に急増 社会

1月8日号

小松亮太カルテット

小松亮太カルテット 文化

タンゴスペシャルコンサート

1月1日号

「魅力あるロータリークラブへ」

鎌倉大船ロータリークラブ×タウンニュース新春企画

「魅力あるロータリークラブへ」 社会

1月1日号

グローバル行政書士ネットワーク

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク