鎌倉版 掲載号:2018年12月21日号 エリアトップへ

鎌倉のとっておき 〈第52回〉 鎌倉花物語

掲載号:2018年12月21日号

  • LINE
  • hatena
本覚寺の百日紅
本覚寺の百日紅

 ここ鎌倉は、春は梅や椿、夏は紫陽花や蓮、秋は萩や竜胆(りんどう)、冬は紅葉(もみじ)と、1年を通して訪れる人を楽しませてくれる。そこに鎌倉文士が描いた花や、古(いにしえ)の武士とのゆかりの花が彩(いろどり)を添えている。

 まずは木蓮(もくれん)。円覚寺の木蓮について、大佛次郎は『帰郷』の中で「夕日をあびて満開の白色の木蓮の花」「花びらの厚く豊かな木蓮の花」と白く咲き揃った姿を描いている。

 次に海棠(かいどう)。妙本寺の海棠について、小林秀雄は『中原中也の思い出』の中で「こちらに来て、その花盛りを見て以来、私は毎年のお花見を欠かした事がなかったが(中略)晩春の暮方、二人は石に腰掛け、海棠の散るのを黙って見ていた。」と在りし日を綴っている。

 そして山吹(やまぶき)。英勝寺は室町時代に江戸城を築いた太田道灌の旧居跡だが、ここに咲く山吹には道灌にまつわる逸話が残る。鷹狩りの際、にわか雨にあった道灌が民家で蓑を借りようとしたところ、その娘は一輪の山吹の花を差し出したという。

 道灌は意味が分からず憮然としたが、後になって娘が「七重八重花は咲けども山吹の実のひとつだになきぞ悲しき」(後拾遺和歌集)との和歌にかけ、貧しくて蓑(実の)ひとつないことを奥ゆかしく答えたものと知り恥じ入ったという。

 四季の移ろいとともにその表情も豊かな古都鎌倉。まちを彩る花々は、ここに集う人々の心に潤いと安らぎを与えてくれる。      石塚裕之
 

鎌倉版のコラム最新6

日本の製紙産業への功績跡

鎌倉のとっておき 〈第98回〉

日本の製紙産業への功績跡

10月23日号

鎌倉の民謡あれこれ

鎌倉のとっておき 〈第97回〉

鎌倉の民謡あれこれ

10月16日号

鎌倉と御家人〜相馬氏〜

鎌倉のとっておき 〈第96回〉

鎌倉と御家人〜相馬氏〜

10月9日号

江ノ電の車窓から

鎌倉のとっておき 〈第95回〉

江ノ電の車窓から

9月18日号

三浦半島の兵(つわもの)(三浦氏)

鎌倉のとっておき 〈第94回〉

三浦半島の兵(つわもの)(三浦氏)

9月11日号

「和田塚」に眠るのは...

鎌倉のとっておき 〈第93回〉

「和田塚」に眠るのは...

9月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク