鎌倉版 掲載号:2019年3月29日号 エリアトップへ

出産控え「Zazen」体験 湘南鎌倉総合病院が企画

社会

掲載号:2019年3月29日号

  • LINE
  • hatena
「警策」で打たれる参加者
「警策」で打たれる参加者

 「マタニティZazen」と題した妊婦対象の座禅会が3月14日、山ノ内の建長寺で開かれた。

 これは院内のお産センターや2016年に開設した湘南鎌倉バースクリニックで「自然で安全なお産」を追求してきた湘南鎌倉総合病院(市内岡本)が、同寺と合同で17年から開催しているもの。

 当日は妊婦7人を含む同院の関係者や助産師ら22人が参加。境内を散策し、同寺の僧侶から禅の考え方などについて説明を受けた後、竜王殿で約1時間にわたって座禅に取り組んだ。

 第2子の出産を6月に控えるという田中真帆さん(鎌倉市)は「座禅を体験したのは初めて。子どもがいると落ち着いて過ごすことも難しいが、何も考えない時間を持ててリフレッシュになった。今日聞いた考え方や呼吸法を自宅でも取り入れたい」と話した。

 また同院副院長で産婦人科主任部長の井上裕美さんは「日本における禅の発祥の場所となった鎌倉だからこそできる体験で、協力して下さった建長寺さんに感謝している。出産には不安がつきものだが、自然を受け入れる禅の考え方を今日参加した皆さんが自身のお産に生かしてもらえたら」と語った。

鎌倉版のローカルニュース最新6

鎌倉市公式企業・求人情報発信サイトがリニューアル

【Web限定記事】鎌倉の企業や求職者のマッチングを支援

鎌倉市公式企業・求人情報発信サイトがリニューアル 社会

企業インタビューも新設

1月22日号

葛飾北斎らの「肉筆浮世絵」が一堂に

【Web限定記事】

葛飾北斎らの「肉筆浮世絵」が一堂に 文化

2月14日まで鎌倉国宝館で特別展開催中

1月22日号

ニューイヤー演奏会延期に

「花は咲く」の合唱動画募集

バレエ映画上映・展示

累計で338人に急増

新型コロナ市内染者

累計で338人に急増 社会

1月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク