鎌倉版 掲載号:2019年4月26日号 エリアトップへ

鎌倉のとっておき 〈第57回〉 鎌倉「路(みち)」めぐり

掲載号:2019年4月26日号

  • LINE
  • hatena
今小路とそこに架かる裁許橋
今小路とそこに架かる裁許橋

 鎌倉の「路」と言えば、日本の道百選の若宮大路が有名だが、街中には鎌倉の古(いにしえ)を語り、今を映し出す趣きある路も多い。

 はじめに鎌倉駅西側、壽福寺付近から六地蔵辺りまで延びる「今小路」。中世鎌倉では、今の御成小学校付近に問注所(裁判所)があり、また佐助川を跨(また)ぐ橋(裁許橋)も架かっていた。特にこの橋は、歌人の西行がよく通っていたとか、源頼朝が橋の上で西行に名を尋ねたとのことから「西行橋」とも呼ばれ、今では石の橋が架けられている。

 次に鶴岡八幡宮の東、概ね宝戒寺辺りから本覚寺前を通り、材木座に延びる「小町大路」。当時、和賀江嶋などから荷揚げされた物資は、この大路を通り八幡宮付近の幕府の中心へと運ばれ、鎌倉の経済活動を支えていた。

物流と人で活気に満ちたこの大路では、日蓮上人も法華経の教えを熱心に説いており、妙隆寺と蛭(ひる)子(こ)神社との間には「日蓮上人辻説法跡」も残されている。

 そして日々沢山の観光客で賑わう「小町通り」。

明治時代、ここは「瀬戸耕地」と呼ばれた農道だった。明治中期には、鎌倉駅の誕生に伴い街も生まれ、第二次大戦後の高度経済成長と共に店舗も増え、今やカフェやスイーツ、土産物等を楽しめるおしゃれで人気の通りへと変貌を遂げている。

 若宮大路の裏路には、ディープな飲食店も連なる古都鎌倉。そぞろ歩きも楽しい、新たな発見も期待できる街である。

石塚裕之
 

鎌倉版のコラム最新6

日本の製紙産業への功績跡

鎌倉のとっておき 〈第98回〉

日本の製紙産業への功績跡

10月23日号

鎌倉の民謡あれこれ

鎌倉のとっておき 〈第97回〉

鎌倉の民謡あれこれ

10月16日号

鎌倉と御家人〜相馬氏〜

鎌倉のとっておき 〈第96回〉

鎌倉と御家人〜相馬氏〜

10月9日号

江ノ電の車窓から

鎌倉のとっておき 〈第95回〉

江ノ電の車窓から

9月18日号

三浦半島の兵(つわもの)(三浦氏)

鎌倉のとっておき 〈第94回〉

三浦半島の兵(つわもの)(三浦氏)

9月11日号

「和田塚」に眠るのは...

鎌倉のとっておき 〈第93回〉

「和田塚」に眠るのは...

9月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク