鎌倉版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

鎌倉のとっておき 〈第58回〉 鎌倉にまつわる元号

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena
建長興国禅寺の勅額
建長興国禅寺の勅額

 皇位の継承に伴い新元号が施行された。

 これは昭和54年に制定された元号法に基づき、「皇位の継承があった場合に限り改めること」と規定されている。元号改元は明治時代以前、皇位の継承以外にも兵革・飢饉・病疫の流行など、事あるごとに行われていた。

 鎌倉にまつわる元号を探ってみると、源頼朝が鎌倉に入った1180年は「治承」であった。「治承」は翌年「養和」と改元。しかしこの改元は、平氏政権の主導によって改められたもので、頼朝は反平氏の立場から「治承」を使い続けた。1182年に平氏が都落ちをすると、頼朝は後白河院の宣旨を賜い、流人の身を解かれることになった。朝廷に認められた頼朝は以後、朝廷の改元に倣った。

 また元号は大寺が創建されると寺の名前として付けられることもあった。例えば京都の仁和寺や建仁寺などである。鎌倉では建長寺が「建長」の元号を賜った寺だ。吾妻鏡によると建長3年11月8日に事始が行われ、建長5年11月25日に落慶供養が執り行われている。このように北条時頼が精誠を凝らし、造営を行った大寺は、元号を冠し「建長興国禅寺」と名付けられ、現在も天下泰平を祈り続けている。

浮田定則
 

鎌倉まめや小町通り店

5月に店舗をリニューアル。広々とした店内には常時70~80種の豆菓子が充実。

http://www.mame-mame.com/

<PR>

鎌倉版のコラム最新6

猫が残してくれた宝物

鎌倉のとっておき 〈第62回〉

猫が残してくれた宝物

7月5日号

文学散歩 太宰治

鎌倉のとっておき 〈第61回〉

文学散歩 太宰治

6月21日号

大自然からの贈り物

鎌倉のとっておき 〈第60回〉

大自然からの贈り物

6月14日号

鎌倉文士からの贈り物

鎌倉のとっておき 〈第59回〉

鎌倉文士からの贈り物

5月24日号

鎌倉「路(みち)」めぐり

鎌倉のとっておき 〈第57回〉

鎌倉「路(みち)」めぐり

4月26日号

鎌倉と市民憲章

鎌倉のとっておき 〈第56回〉

鎌倉と市民憲章

3月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ハスの花、朝が見頃

大船フラセン

ハスの花、朝が見頃

5日間限定で7時開園

7月13日~7月21日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク