鎌倉版 掲載号:2019年5月31日号 エリアトップへ

6月に作家による展示・販売会を開く「たまなわ暮らしの集い」の代表 鈴木 明さん 城廻在住 63歳

掲載号:2019年5月31日号

  • LINE
  • hatena

玉縄の才能や人、つなぎたい

 ○…鎌倉彫の作家として活躍する傍ら、玉縄地域に住む手工芸作家ら3人とともに「たまなわ暮らしの集い」を立ち上げた。6月15日と16日には「第1回ものつくりの集い」と題した作品の展示・販売会を開催する。「作家に限らず、人と人をつなぎ、ここから新しい動きが生まれたら」と目を細める。

 ○…「才能ある人がたくさんいるのに、玉縄にはそれを発揮する場がない」。発足のきっかけは、近所に住む作家仲間との立ち話だった。「だったら自分たちで、となったんだけど、おだてられて代表になっちゃった」。知り合いを中心に地元ゆかりの作家に声をかけ、開催にこぎ着けた。「出すのはプロとして恥ずかしくない、クオリティーが高いものばかり」と自信を覗かせる。

 ○…24歳で玉縄中の教員になり、15年にわたって社会科を教えたが、40歳を目前に「伝統工芸をやりたい」と思い立った。仕事を辞め、鎌倉彫の塗師に弟子入りし、現在は自宅の工房で「使って飾って楽しい」作品をモットーに、漆器からアクセサリーまで幅広く手掛けている。「元々1人が好き。でもラジオを聞きながら黙々と作業しているから、人と話したくなるのかな。つい立ち話に付き合っちゃう」。子育てや学校の話となると、「うるせぇ頑固じじい」としての熱い持論があふれ出す。

 ○…一人息子が幼いころは養護教諭の妻が勤めに出て、自身が子の弁当を作り、保育園の送り迎えをしてきた。仕事を離れ、イタリア製のオートバイ「ドゥカティ」で仲間と行くツーリングも楽しみの一つ。「はたから見ればバイクいじりに大工仕事、プラプラしてる人だよね。昔からあれもこれも好き勝手やれるのは妻のおかげ。飽きっぽいのに結婚生活だけは長続きしてるなぁ」と笑った。

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com/

<PR>

鎌倉版の人物風土記最新6

板生 郁衣さん

西洋哲学の入門書『14歳からの哲学サロン』(銀の鈴社)を出版した

板生 郁衣さん

浄明寺在住 74歳

2月19日号

堀米 剛さん

「鎌倉みんなのスタジアム」事業を中心となって進める

堀米 剛さん

笹目町在住 41歳

2月5日号

岡田 厚さん

『鎌倉の谷戸と廃寺&古絵図』を自費出版した

岡田 厚さん

西鎌倉在住 73歳

1月29日号

石井 里枝さん

鎌倉の日常を描いた日本画の個展「新春・鎌倉 我楽多市」を開催する

石井 里枝さん

七里ガ浜東在住 56歳

1月8日号

米澤 寿人(ひさと)さん

(公社)鎌倉青年会議所の理事長に就任した

米澤 寿人(ひさと)さん

今泉在住 34歳

1月1日号

十文字 美信さん

写真家で「鎌倉プロモーションフォトコンテスト」の審査委員長を務める

十文字 美信さん

雪ノ下在住 73歳

12月18日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

  • 1月29日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク