鎌倉版 掲載号:2019年5月31日号 エリアトップへ

6月に作家による展示・販売会を開く「たまなわ暮らしの集い」の代表 鈴木 明さん 城廻在住 63歳

掲載号:2019年5月31日号

  • LINE
  • hatena

玉縄の才能や人、つなぎたい

 ○…鎌倉彫の作家として活躍する傍ら、玉縄地域に住む手工芸作家ら3人とともに「たまなわ暮らしの集い」を立ち上げた。6月15日と16日には「第1回ものつくりの集い」と題した作品の展示・販売会を開催する。「作家に限らず、人と人をつなぎ、ここから新しい動きが生まれたら」と目を細める。

 ○…「才能ある人がたくさんいるのに、玉縄にはそれを発揮する場がない」。発足のきっかけは、近所に住む作家仲間との立ち話だった。「だったら自分たちで、となったんだけど、おだてられて代表になっちゃった」。知り合いを中心に地元ゆかりの作家に声をかけ、開催にこぎ着けた。「出すのはプロとして恥ずかしくない、クオリティーが高いものばかり」と自信を覗かせる。

 ○…24歳で玉縄中の教員になり、15年にわたって社会科を教えたが、40歳を目前に「伝統工芸をやりたい」と思い立った。仕事を辞め、鎌倉彫の塗師に弟子入りし、現在は自宅の工房で「使って飾って楽しい」作品をモットーに、漆器からアクセサリーまで幅広く手掛けている。「元々1人が好き。でもラジオを聞きながら黙々と作業しているから、人と話したくなるのかな。つい立ち話に付き合っちゃう」。子育てや学校の話となると、「うるせぇ頑固じじい」としての熱い持論があふれ出す。

 ○…一人息子が幼いころは養護教諭の妻が勤めに出て、自身が子の弁当を作り、保育園の送り迎えをしてきた。仕事を離れ、イタリア製のオートバイ「ドゥカティ」で仲間と行くツーリングも楽しみの一つ。「はたから見ればバイクいじりに大工仕事、プラプラしてる人だよね。昔からあれもこれも好き勝手やれるのは妻のおかげ。飽きっぽいのに結婚生活だけは長続きしてるなぁ」と笑った。

鎌倉版の人物風土記最新6

荒 省三さん

鎌倉文学館のバラ園の維持管理を16年にわたって担当する

荒 省三さん

長谷在住 81歳

10月30日号

ひぐち かよさん

鎌倉警察署が企画した「詐欺退散」御朱印の絵を描いた

ひぐち かよさん

腰越在住 38歳

10月23日号

木田 浩理(ひろまさ)さん

データの分析・活用と人材育成についての著書を出版した

木田 浩理(ひろまさ)さん

台在住 40歳

10月16日号

亀山 和明さん

鎌倉の「海」を描き続ける画家

亀山 和明さん

七里ガ浜在住 59歳

10月9日号

渡邊 令恵(ふみえ)さん

競技かるた「永世クイーン」で鎌倉山かるた会を主宰する

渡邊 令恵(ふみえ)さん

笛田在住 56歳

10月2日号

村岡 俊也さん

『新橋パラダイス 駅前名物ビル残日録』を出版した

村岡 俊也さん

二階堂在住 42歳

9月25日号

あっとほーむデスク

  • 10月30日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月30日号

お問い合わせ

外部リンク