鎌倉版 掲載号:2019年5月31日号 エリアトップへ

プロに学ぶあじさい撮影のコツ 大町在住の写真家・原田寛さん

文化

掲載号:2019年5月31日号

  • LINE
  • hatena

 古都や歴史的街並みに特化した撮影を続け「古都グラファー」として活躍する傍ら、「鎌倉風景写真講座」を主宰する大町在住の写真家・原田寛さん(70)。今回、あじさいを撮影する際のポイントを教えてもらった。

撮影術5カ条

 【1】「鎌倉らしさ」を入れる。花のアップだけではどこで撮影したのか伝わらない。パリでエッフェル塔をバックに撮影するのと同じで、建物や参道などを画面に取り入れると雰囲気が出る。

 【2】花をメインに。鎌倉らしさを出すことは大切だが、あくまで主役はあじさい。画面の2/3を目安に花を写せば、あじさいを撮りたかったことが分かる。残り1/3で鎌倉らしさを。

 【3】曇りや雨天時の白い空は画面に入れない。人の目は明るい部分に目がいきがち。あじさいに注目する前に、白い空に目が向き散漫な印象になってしまうので要注意。

 【4】雨天での撮影が基本。あじさいは雨に濡れると彩りが増す。曇りならまあまあ、晴天時は日陰で撮ることを心掛ける。

 【5】ポピュラーなガクアジサイは横から撮るより、少し上から撮る。横からだと手前の額しか写らないので、後ろ側の額まで入れると豪華に感じる。

 「もっと本格的に学びたい」という人は、原田さんの写真教室へ。撮影する位置や角度、技術など、原田さんが持つ豊富な知識を丁寧に教えてくれると好評の教室だ。デジタル基礎科・月3500円。デジタル普通科・月4000円で、1回だけの体験入会もできる。

 問い合わせ、申し込みは(有)星月写真企画(大町2の4の14・鎌倉駅東口徒歩10分)【電話】0467・23・3694へ。

鎌倉版のローカルニュース最新6

例大祭も「新しい様式」で

鶴岡八幡宮

例大祭も「新しい様式」で 社会

参列者限定、神輿は車で巡行

9月18日号

女優・原節子と山口淑子

女優・原節子と山口淑子 文化

川喜多映画記念館で特別展

9月18日号

「学生生活の思い出を」

「学生生活の思い出を」 文化

深沢ワン・パークで企画

9月18日号

精進料理通じ、学ぶ「食」

精進料理通じ、学ぶ「食」 文化

鎌倉彫会館で講座

9月18日号

愛称「ミライ」に

愛称「ミライ」に 社会

えのすいのバンドウイルカ

9月18日号

「両親への思い手紙にしよう」

「両親への思い手紙にしよう」 文化

28日まで紙で伝える展

9月18日号

あっとほーむデスク

  • 9月18日0:00更新

  • 9月11日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月18日号

お問い合わせ

外部リンク