鎌倉版 掲載号:2019年6月21日号 エリアトップへ

数十年に一度の花咲かす 青蓮寺 アオノリュウゼツラン

文化

掲載号:2019年6月21日号

  • LINE
  • hatena

 青蓮寺(手広5の1の8)の庭園では現在、数十年に一度だけ花を咲かせるという「アオノリュウゼツラン」が開花し、境内を訪れた多くの人たちの目を楽しませている=写真(6月18日撮影)。

 主にメキシコ原産のリュウゼツラン科で、葉が竜の舌のような形をしていることが名前の由来。服部全弘住職(78)の長男で、3年前に亡くなった全志さんが、20年ほど前に庭園造りの際に植栽した。これまで1mほどの高さを保っていたが、今年4月ごろから急激に茎が伸び始め、6月には5mを越え、花火のような黄色い花を咲かせた。

 服部住職は「一生に一度見れるかどうかの花。たくさんの人に見てもらいたい」と話している。

鎌倉版のローカルニュース最新6

鎌倉市公式企業・求人情報発信サイトがリニューアル

【Web限定記事】鎌倉の企業や求職者のマッチングを支援

鎌倉市公式企業・求人情報発信サイトがリニューアル 社会

企業インタビューも新設

1月22日号

葛飾北斎らの「肉筆浮世絵」が一堂に

【Web限定記事】

葛飾北斎らの「肉筆浮世絵」が一堂に 文化

2月14日まで鎌倉国宝館で特別展開催中

1月22日号

ニューイヤー演奏会延期に

「花は咲く」の合唱動画募集

バレエ映画上映・展示

累計で338人に急増

新型コロナ市内染者

累計で338人に急増 社会

1月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク