鎌倉版 掲載号:2019年7月5日号 エリアトップへ

鎌倉のとっておき 〈第62回〉 猫が残してくれた宝物

掲載号:2019年7月5日号

  • LINE
  • hatena
称名寺の猫
称名寺の猫

 今や家族の一員としても愛情を注がれる猫たちだが、日本へやってきたのは仏教が伝来した6世紀以降と言われている。

 平安時代、宮中では中国から渡ってきた唐猫(からねこ)が多く飼われていたが、高価な交易品だったため、首に縄を掛けられて飼われていたという。

 中世鎌倉では、中国(宋)との交易の進展に伴い、唐猫は仏典など貴重な書物を食い荒らすネズミよけとして船に乗せられ、日本にやってきた。

 日本最古の武家文庫である金沢文庫を創設した北条実時は、当時は鎌倉の一部だった六浦(むつら)の港(横浜市金沢区)から書物などの文物を陸揚げしていたが、その際に上陸した猫は白、黒、黄色の三毛猫だったという。

 この猫は、撫でると背を低くしたり、前足より後足が長く尻尾が短いことなどの特徴があり、「金沢猫」と呼ばれて鎌倉でも人気となり、以降、人々の日常生活の中に溶け込んでいった。

 江戸時代になると、猫を縄で繋がないようにとのお触れも出され、晴れて自由の身になったという。この頃には、猫は養蚕業者などにも盛んに飼われるようになったが、値段は当時の馬1頭が1両程度であった中、5両もの高値がつくものもあったと聞く。そして現代「金沢猫」が守り伝えてくれた仏典や書物のほとんどは今や国宝となり、県立金沢文庫で大切に保管されている。かたやお隣の称名寺では、「金沢猫」の子どもが今も穏やかな時を過ごしている。

石塚裕之
 

鎌倉版のコラム最新6

江ノ電の車窓から

鎌倉のとっておき 〈第95回〉

江ノ電の車窓から

9月18日号

三浦半島の兵(つわもの)(三浦氏)

鎌倉のとっておき 〈第94回〉

三浦半島の兵(つわもの)(三浦氏)

9月11日号

「和田塚」に眠るのは...

鎌倉のとっておき 〈第93回〉

「和田塚」に眠るのは...

9月4日号

国登録文化財が五輪選手の拠点に

鎌倉のとっておき 〈第92回〉

国登録文化財が五輪選手の拠点に

8月28日号

2代将軍源頼家とともに〜比企氏〜

鎌倉のとっておき 〈第91回〉

2代将軍源頼家とともに〜比企氏〜

8月21日号

鎌倉の中の平泉文化〜永福寺跡〜

鎌倉のとっておき 〈第90回〉

鎌倉の中の平泉文化〜永福寺跡〜

8月14日号

あっとほーむデスク

  • 9月25日0:00更新

  • 9月18日0:00更新

  • 9月11日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク