鎌倉版 掲載号:2019年9月6日号 エリアトップへ

全国消防救助技術大会「ロープブリッジ渡過」種目でトップタイムを記録した 高橋 浩太郎さん 城廻在住 29歳

掲載号:2019年9月6日号

  • LINE
  • hatena

「磨いた技、救助に生かす」

 ○…「レスキューの甲子園」と呼ばれる全国消防救助技術大会(8月・岡山県)に出場。ロープブリッジ渡過(隣接した建物への進入を想定し、水平に張られた20mのロープを2種類の渡り方で往復する競技)で入賞し、全国最速となる15・9秒を記録した。「一番をとってくると皆に言っていたので、ほっとしました」とはにかむ。

 ○…「三度目の正直」だった。初出場だった3年前は、トップタイムを記録するも一部基準を下回り減点。昨年は台風の影響で大会そのものが中止となった。悔しさをバネに訓練に励み、迎えた今大会は「絶好調」。全国の精鋭相手に、宣言通りの結果をつかみ取ったばかりだが、「来年は別競技で挑戦したい」と即答するなど、視線はすでに先を見つめる。

 ○…幼いころからの夢だった消防士になり9年目。現在所属する特別救助隊は火災・事故・災害など、人命を守るために危険な現場の最前線で活動する。「時には怖いと感じることもある。元々高いところも得意ではない」と打ち明ける。それでも前に進めるのは、助けた人や家族からの「ありがとう」の言葉があるから。自らの弱さに打ち勝つためにも、多種多様な訓練や日々の筋力トレーニングをこなす。田中健太郎消防司令補は「市消防本部は4年連続で全国大会出場を決めているが、彼の存在が共に訓練する他隊員にも好影響を与えている」と評する。

 ○…5歳・3歳・0歳の三児の父。休日はもっぱら家族と過ごす。全国大会の応援にも駆けつけた息子たちにとって、父は憧れの存在のようで、同じく消防士を夢見ているのだとか。体が資本の職業だけに、「息子も『ご飯をたくさん食べる』と弁当の大盛りを妻に頼んだり、張り切っているみたいです」と頬を緩めた。

鎌倉版の人物風土記最新6

寺田 しのぶさん

今日から12月1日まで鎌倉芸術館で個展を開催する仏画師

寺田 しのぶさん

藤沢市在住 56歳

11月22日号

中田 由美子さん

押し花作家として県押花芸術展グランプリを受賞し、地域での講習にも取り組む

中田 由美子さん

常盤在住

11月15日号

佐々木 真史さん

日本基督教団鎌倉教会で始まった新人芸術家支援活動のプロデューサー

佐々木 真史さん

東京都在住 51歳

11月8日号

伊藤 玄二郎さん

「かまくら春秋社」の代表で、このほど神奈川文化賞を受賞した

伊藤 玄二郎さん

藤沢市在住 75歳

11月1日号

五十嵐 めぐみさん

大船ハロウィンウォークを発案したNPO法人hinataboccoの代表理事

五十嵐 めぐみさん

大船在住 42歳

10月25日号

高橋 佳子さん

NPO法人ふぁみりぃの理事長に就任した

高橋 佳子さん

由比ガ浜在住 47歳

10月18日号

本多 理恵子さん

レシピ本大賞エッセイ賞を受賞した『料理が苦痛だ』の著者

本多 理恵子さん

雪ノ下在住 54歳

10月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月22日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

作家に学ぶ押し花アート

作家に学ぶ押し花アート

20人に無料で講習

11月26日~11月26日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月22日号

お問い合わせ

外部リンク