鎌倉版 掲載号:2019年12月13日号 エリアトップへ

鎌倉のとっておき 〈第73回〉 鎌倉生まれの言葉あれこれ

掲載号:2019年12月13日号

  • LINE
  • hatena
兀庵普寧が開山の一人となった浄智寺の本堂「曇華殿」
兀庵普寧が開山の一人となった浄智寺の本堂「曇華殿」

 「挨拶」は、中世鎌倉で広まった禅宗の問答が一般化し、今では日常会話のやり取りや手紙の往復などを表す言葉になったものだが、私たちが何気なく使っている言葉の中には、他にも中世鎌倉に由来するものがある。

 例えば、争いや揉めごとなどを表す「ごたごた」。その由来は、浄智寺の開山の一人で、建長寺の第2世・兀庵普寧(ごったんふねい)という禅僧にある。

 この僧は、建長寺入寺の際、ご本尊の地蔵菩薩よりも自分の方が位が高いとして、ご本尊を礼拝しなかった。そして、寺での仏事など、事あるごとに口やかましく発言し、混乱を招いていた。そうするうちに「また兀庵が何か言っている」「ごったんが、ごったんが…」と、いつの間にか揉めごとやいざこざのことを「ごたごた」と表すようになったという。

 また、全力で何かをする様子を表す「一所懸命」。その由来は、鎌倉武士にある。

 鎌倉武士の多くは、幕府へ出仕する一方で、農繁期には農業にも従事する自給自足の生活だった。このため家屋敷や田畑など先祖伝来の所領は、一族郎党を養うための大切な生活基盤であり、自らの所領(一所)を命を懸けて守っていた。「一所懸命」はこのことに由来するが、現在では「一生懸命」の表記を使うことも多い。

 鎌倉ゆかりの言葉の由来を訪ねてみると、当時の鎌倉人たちの生活ぶりも目に浮かんでくるようである。

石塚裕之
 

鎌倉版のコラム最新6

鳩が舞い降りる街

鎌倉のとっておき 〈第100回〉

鳩が舞い降りる街

11月20日号

源氏の御曹司(おんぞうし)に仕えて

鎌倉のとっておき 〈第99回〉

源氏の御曹司(おんぞうし)に仕えて

10月30日号

日本の製紙産業への功績跡

鎌倉のとっておき 〈第98回〉

日本の製紙産業への功績跡

10月23日号

鎌倉の民謡あれこれ

鎌倉のとっておき 〈第97回〉

鎌倉の民謡あれこれ

10月16日号

鎌倉と御家人〜相馬氏〜

鎌倉のとっておき 〈第96回〉

鎌倉と御家人〜相馬氏〜

10月9日号

江ノ電の車窓から

鎌倉のとっておき 〈第95回〉

江ノ電の車窓から

9月18日号

グローバル行政書士ネットワーク

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク