鎌倉版 掲載号:2020年1月24日号 エリアトップへ

鎌倉のとっておき 〈第76回〉 阿仏尼と二条が歩いた名古屋の鎌倉街道

掲載号:2020年1月24日号

  • LINE
  • hatena
名古屋市にある鎌倉街道の道標
名古屋市にある鎌倉街道の道標

 鎌倉幕府が整備した京・鎌倉往還は、名古屋を北西から南東へと斜めに横断していました。その道が「鎌倉街道」と呼ばれ、街道の跡がわずかに残っています。

 写真の道標は、熱田神宮から南東約3Kmの名古屋市南区呼続(よびつぎ)町に宿駅制度制定400年の2001年に建てられました。鎌倉時代、呼続の周りは海で浜は「鳴海潟(なるみがた)」、この道標がある台地は「松巨嶋(まつこしま)」と呼ばれました。熱田との間も海で、旅人は干潮の時に干潟を歩いたそうです。

 さて、阿仏尼は鎌倉に向け弘安2年10月16日に京を出発しました。20日に熱田神宮に参拝すると、「潮干のほどなれば、さわりはなく、ひがたを行く。をりしも濱千鳥おほくさきだちて行くも、しるべがおなる心ちして」と「十六夜日記」に書いてあります。

 10年後、後深草院二条が鎌倉を訪れたのは、正応2年3月下旬でした。途中、熱田から鳴海潟を渡る時に振り向くと、「霞の間よりほの見えたる朱の玉垣神さびて」と「とはずがたり」に書いてあります。

 鎌倉で阿仏尼が住んだのは、「浦ちかき山もとにて風いとあらし、山寺のかたはらなれば、のどかに、すごくて、浪のおと、松の風たえず」という月影ヶ谷でした。一方の後深草院二条は、大倉の谷に住む小町殿という将軍に仕える知人の近所に長逗留しました。

       三品利郎
 

鎌倉版のコラム最新6

鳩が舞い降りる街

鎌倉のとっておき 〈第100回〉

鳩が舞い降りる街

11月20日号

源氏の御曹司(おんぞうし)に仕えて

鎌倉のとっておき 〈第99回〉

源氏の御曹司(おんぞうし)に仕えて

10月30日号

日本の製紙産業への功績跡

鎌倉のとっておき 〈第98回〉

日本の製紙産業への功績跡

10月23日号

鎌倉の民謡あれこれ

鎌倉のとっておき 〈第97回〉

鎌倉の民謡あれこれ

10月16日号

鎌倉と御家人〜相馬氏〜

鎌倉のとっておき 〈第96回〉

鎌倉と御家人〜相馬氏〜

10月9日号

江ノ電の車窓から

鎌倉のとっておき 〈第95回〉

江ノ電の車窓から

9月18日号

グローバル行政書士ネットワーク

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク