鎌倉版 掲載号:2020年4月10日号 エリアトップへ

【Web限定記事】 鎌倉仙覚文庫へ「西本願寺本萬葉集」寄贈 図書館再開後に展示へ

文化

掲載号:2020年4月10日号

  • LINE
  • hatena

 鎌倉市制80周年事業の一環で開設された「鎌倉仙覚文庫」に、現在「万葉集」の底本として最も信頼されているという「西本願寺本萬葉集」(覆製)20冊がこのほど寄贈された。

 鎌倉仙覚文庫は、新元号の出典で注目された「万葉集」などの古典文学を集めたもので、市中央図書館に昨年11月に設立された。今回は、鎌倉市と学術分野での包括連携協定を締結した青山学院大学小松靖彦教授の仲介で、元株式会社おうふうの社長・坂倉良一氏から本が寄贈されることになった。

 「西本願寺本萬葉集」は、鎌倉時代後期1266年(文永3年)に仙覚が完成させた「仙覚文永三年本萬葉集」(原本は失われている)の書写本。20冊の冊子本からなる、現在確認できる最古の完成写本とみられている。

 縦が約32・1cm、横が約24・8cmで装丁は「大和綴」。仙覚と親交のあり、金沢文庫を創設した北条実時が完成後間もなく書写したものを、さらに書写したものと考えられている。

 市中央図書館は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、休館をしているが、開館後に1階展示コーナーで展示紹介する予定だ。

(4月8日起稿)

鎌倉版のローカルニュース最新6

鎌倉市公式企業・求人情報発信サイトがリニューアル

【Web限定記事】鎌倉の企業や求職者のマッチングを支援

鎌倉市公式企業・求人情報発信サイトがリニューアル 社会

企業インタビューも新設

1月22日号

葛飾北斎らの「肉筆浮世絵」が一堂に

【Web限定記事】

葛飾北斎らの「肉筆浮世絵」が一堂に 文化

2月14日まで鎌倉国宝館で特別展開催中

1月22日号

ニューイヤー演奏会延期に

「花は咲く」の合唱動画募集

バレエ映画上映・展示

累計で338人に急増

新型コロナ市内染者

累計で338人に急増 社会

1月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク