鎌倉版 掲載号:2020年7月3日号 エリアトップへ

鎌倉のとっておき 〈第86回〉 北条義時、Who?

掲載号:2020年7月3日号

  • LINE
  • hatena
義時の法華堂跡
義時の法華堂跡

 2022年NHK大河ドラマが『鎌倉殿の13人』に決まり、舞台となる鎌倉では1979年の『草燃える』以来の盛り上がりも期待されるが、主人公の北条義時は、一般にあまり知られた人物ではないかもしれない。

 義時は、源頼朝(鎌倉殿)の妻・北条政子の弟で、平氏との戦いをはじめ、幕府づくりやその運営などで頼朝を支え、源氏が途絶えた後の幕府では、北条一族が実権を握った「執権政治」(専制政治)の礎(いしずえ)を政子とともに築いた武士である。

 1199年の頼朝亡き後、2代将軍・頼家時代以降の幕府運営は当初、義時を含む有力な武士など13人の合議で進められていった。その後1221年、朝廷と幕府で全国を二分した「承久の乱」が勃発し、当時の執権だった義時は、後鳥羽上皇から朝敵とされたが、政子とともに武士(御家人)を統率して朝廷の軍を打ち破り、武家政権を確立したのである。

 義時には、結婚にまつわるこんな逸話が残る。多くの御家人が嫁にしたいと願っていた美貌の女官「姫の前」に恋焦がれた義時は、熱心に恋文を送ったが、なかなか口説き落とせなかったという。可哀そうに思った頼朝は「私が口をきいてやるから、絶対に離婚しないと文書で誓約しなさい」と厳命したうえで仲を取持ち、ニ人はめでたく結ばれたという。

 妻を複数持つなど結婚の自由度が高かった当時、義兄頼朝との関係や義時の思いが伺えるエピソードである。

       石塚裕之
 

鎌倉版のコラム最新6

鳩が舞い降りる街

鎌倉のとっておき 〈第100回〉

鳩が舞い降りる街

11月20日号

源氏の御曹司(おんぞうし)に仕えて

鎌倉のとっておき 〈第99回〉

源氏の御曹司(おんぞうし)に仕えて

10月30日号

日本の製紙産業への功績跡

鎌倉のとっておき 〈第98回〉

日本の製紙産業への功績跡

10月23日号

鎌倉の民謡あれこれ

鎌倉のとっておき 〈第97回〉

鎌倉の民謡あれこれ

10月16日号

鎌倉と御家人〜相馬氏〜

鎌倉のとっておき 〈第96回〉

鎌倉と御家人〜相馬氏〜

10月9日号

江ノ電の車窓から

鎌倉のとっておき 〈第95回〉

江ノ電の車窓から

9月18日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク