鎌倉版 掲載号:2020年7月24日号 エリアトップへ

医療支える「縁の下の力」に光 湘南鎌倉総合病院で写真展

社会

掲載号:2020年7月24日号

  • LINE
  • hatena
会場に展示されている写真の一部
会場に展示されている写真の一部

 湘南鎌倉総合病院2階渡り廊下で「実はこんなことをしています!働く職員の写真展」が開催されている。

 企画したのは、同院経理課に勤めて3年目の若手職員、関口美香さん。新型コロナウイルスの感染拡大以降「絶対に院内感染させられないという緊張感はもちろん、来院者の検温や施設の消毒といった業務も加わり、あらゆる現場が疲弊していくのが分かった」と振り返る。「何か職員を元気づける方法はないか」と考えた末に思いついたのが、病院を訪れる患者やその家族に「病院の仕事」を知ってもらう写真展だった。

 特にこだわったのが「縁の下の力持ち」とも言える職員にもスポットを当てること。人工心肺など医療機器の専門家である臨床工学技士のほか、臨床検査技師、理学療法士、さらには栄養士、資材部の職員から送迎バスの運転手まで、その仕事風景や感染防止のための取り組みなど、通常業務の合間を縫って1週間で200枚を超える写真を撮影した。最終的には約80枚を選び、7月13日から仕事の内容を紹介するメモと一緒に展示している。

 会場には職員に宛てたコメントを書くことができる箱も用意。患者から「皆さんのおかげで安心して通院できることに感謝」など多くの声が寄せられている。前川俊輔事務局長は「病院は地域とともにある場所。こういう機会に我々の取り組みを知ってもらえたら」と話す。写真展は8月中旬まで開催予定。

鎌倉版のローカルニュース最新6

鎌倉の玄関口きれいに

観光協会

鎌倉の玄関口きれいに 社会

企業などと清掃活動

11月20日号

正月描いた作品展示

正月描いた作品展示 文化

鏑木清方記念美術館

11月20日号

「認知症になっても創作は楽しめる」

「認知症になっても創作は楽しめる」 文化

デイサービス施設が作品展

11月20日号

産前産後の悩み相談会

産前産後の悩み相談会 教育

27日にオンライン開催

11月20日号

「紅葉ゆったり楽しんで」

「紅葉ゆったり楽しんで」 文化

覚園寺で開門時間延長

11月20日号

自然とのふれあい楽しむ

自然とのふれあい楽しむ 教育

キャンプの代替企画

11月20日号

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク