鎌倉版 掲載号:2020年8月14日号 エリアトップへ

スケボー廃材アート作品に 玉縄在住 山崎さん

文化

掲載号:2020年8月14日号

  • LINE
  • hatena
山崎さんが製作したウォールアートや椅子
山崎さんが製作したウォールアートや椅子

 スケートボードの廃材を使って、テーブルや椅子などの家具、額縁、アクセサリーなどの作品を作っている人がいる。山崎元弥さん(36)=市内玉縄在住。1年半ほど前から趣味として始め、これまで80点以上の作品を制作。勤務先のカフェ「8ラウンジ」(藤沢市鵠沼花沢町)や知人との個展で展示するなど活動の幅を広げている。

 山崎さんは、中学3年生の時にスケートボードを始め、現在も続けている。約1年前、「ピークは過ぎたけど、この先もずっとスケボーに関わっていきたい」。恩返しの気持ちも込めて、使い古して捨てられてしまうボードデッキを再利用ではなく、新しい価値を作り出し、生まれ変わらせる「アップサイクル」することを思い立った。

 ボードは、藤沢や都内などの販売店から譲り受けることが多い。ざらざらの「デッキテープ」を溶剤を使ってはがす作業から始まり、切って、貼って、繋げてから形に―。

 ダイニングテーブルの製作には約80枚のボードを使用し、仕事の合間をぬって約1カ月かけて作業するなど、「試行錯誤して制作している」という。

 作業の醍醐味は、切断した断面を見ること。「表では見えていなかった新しい色が出てきたりして、わくわくする」。

 ボードのデザインや削れ方、貼っているステッカーなど一枚一枚に持ち主の個性が現れる。山崎さんは「持ち主の使用感も味になる。それを最大限に生かした作品を作っていきたい」と笑顔で話した。

鎌倉版のローカルニュース最新6

21年版カレンダー発売

鎌倉市観光協会

21年版カレンダー発売 文化

見やすいデザイン初採用

10月30日号

鎌倉の「今と未来」テーマに

鎌倉の「今と未来」テーマに 社会

今週末、市民活動フェス

10月30日号

市内在住者累計133人に

市内在住者累計133人に 社会

新型コロナウイルス感染

10月30日号

迅速に救命活動70代男性救う

迅速に救命活動70代男性救う 社会

JA職員に感謝状

10月30日号

対象品最大20万円割引に

「かもめクーポン」発行開始

対象品最大20万円割引に 経済

10月30日号

俳句・川柳を募集

あっとほーむデスク

  • 10月30日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月30日号

お問い合わせ

外部リンク