鎌倉版 掲載号:2021年2月19日号 エリアトップへ

鎌倉のとっておき 〈第103回〉 観音菩薩を訪ねて

掲載号:2021年2月19日号

  • LINE
  • hatena
東慶寺(左奥が水月観音坐像が安置されている水月堂)
東慶寺(左奥が水月観音坐像が安置されている水月堂)

 寺院の数も100を超える鎌倉では、様々な姿の仏様(像)に出会うことができる。

 仏様は大きく分けて、如来、菩薩、天、明王の4つ。如来は悟りを得た人、菩薩は悟りを得るために修行中の人、天や明王は、仏教が生まれる以前からのインドの神々などのことをいう。如来は悟りを得た人なので、我が身を飾りたいとの欲もなく、粗末な衣を纏(まと)っているが、菩薩はまだ完全に悟りを得ていないので、耳飾りや胸飾りなど多くの装飾具を身に着けているのだという。

 菩薩の中でも観音菩薩や地蔵菩薩は、悟りを得るために修行をしながらも、人々を救うという役目も持っているとされている。特に観音菩薩は、世間の出来事を観察しながら、救いを求める人々の心に寄り添い、慈悲を与えてくれるという。

 鎌倉にも観音菩薩は数多いが、中でも東慶寺の水月観音坐像は、見る人の心に深い癒しと安らぎを与えてくれる仏様ではなかろうか。

 この仏様は、鎌倉期の檜の寄木造で、その姿は、観音菩薩の降り立つ所(補陀落山(ふだらくせん))の水辺の岩山に、白衣を纏って寛(くつろ)いで座り、水面に映った月をゆったりと眺めているところだという。こうした姿の仏様は、当時の中国(宋・元)で大流行したものの、日本では鎌倉周辺にしか残っていない貴重なものだという。

 多くの仏様が見守ってくれる古都鎌倉。訪れる人々に心の安寧を与えてくれるまちである。

石塚裕之
 

鎌倉版のコラム最新6

鎌倉夏ごよみ〜水無月から〜

鎌倉のとっておき 〈第108回〉

鎌倉夏ごよみ〜水無月から〜

5月7日号

鎌倉の中の院政期文化〜勝長寿院跡〜

鎌倉のとっておき 〈第107回〉

鎌倉の中の院政期文化〜勝長寿院跡〜

4月30日号

鎌倉幕府の知恵袋(大江氏)

鎌倉のとっておき 〈第106回〉

鎌倉幕府の知恵袋(大江氏)

4月16日号

北条政子ゆかりの地へ

鎌倉のとっておき 〈第105回〉

北条政子ゆかりの地へ

4月2日号

尼将軍、北条政子とは?

鎌倉のとっておき 〈第104回〉

尼将軍、北条政子とは?

3月12日号

観音菩薩を訪ねて

鎌倉のとっておき 〈第103回〉

観音菩薩を訪ねて

2月19日号

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter