鎌倉版 掲載号:2021年4月23日号 エリアトップへ

感染者が安心して帰れる街に 鎌倉市立深沢中学校

社会

掲載号:2021年4月23日号

  • LINE
  • hatena
リボンを手に笑顔を見せる家庭部の部員
リボンを手に笑顔を見せる家庭部の部員

 鎌倉市内で共生社会の実現を目指して活動する企業や団体、個人をシリーズで紹介する。今回は深沢中学校。同校では今年1月から、家庭部が中心となり「新型コロナに感染したとしても安心して帰ることができる街にしよう」と「シトラスリボンプロジェクト」に取り組んでいる。

 このプロジェクトは、感染者や医療従事者、エッセンシャルワーカーらへの差別・偏見を無くし、受け入れる雰囲気をつくろうという狙いで愛媛県で始まったもの。愛媛特産のシトラス(柑橘)色の紐で、地域・家庭・職場(学校)をイメージした3つの輪を結んで作ったリボンを身に着ける活動は、全国的に広がりをみせている。

 深沢中では、この活動を知った家庭部顧問の西岡正江教諭が、当時1・2年生だった部員11人と1月に活動をスタート。さらに家庭科や道徳の授業を通して、学校全体で活動の周知とリボンの製作に取り組み、その製作数は1千個にも及んだ。

 「感染した人を笑顔で迎えられるような環境を鎌倉でもつくっていけたら。学校から地域へ広げていきたい」と話すのは、田中洋子部長(3年)。出来上がったリボンは、活動を紹介する案内とメッセージをセットにし、家庭部の部員らが中心となって地域の高齢者施設などに配布してきた。部員以外にも「地域の人に渡したい」と自ら50個ほどのリボンを配った生徒もいたという。

 西岡教諭は「活動を知らなかった人や保護者からの反応も良い。実際に数日休んでいた生徒を『おかえり』と笑顔で元気に受け入れる様子も見られた。まだまだ予断を許さない状況なので、今後も継続していけたら」と話した。

配布したシトラスリボン
配布したシトラスリボン

鎌倉版のローカルニュース最新6

SDGsフォトコンテスト

SDGsフォトコンテスト 文化

30日応募締め切り

10月22日号

俳句・川柳作品を募集

俳句・川柳作品を募集 文化

みらいふる鎌倉広報紙

10月22日号

鎌倉彫・後藤会「温故知新展」

華道、菊花展など「第73回鎌倉市展」

みんなでラグビーしよう

参加募集

みんなでラグビーしよう 社会

11月6日 講演&体験会

10月22日号

和洋コラボの新作舞う

12月2日

和洋コラボの新作舞う 文化

ダンサー・柏木みどりさん

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook