鎌倉版 掲載号:2021年5月7日号 エリアトップへ

スーパーシティ構想 鎌倉市 国に提案書を提出

社会

掲載号:2021年5月7日号

  • LINE
  • hatena
市が目指すスマートシティ構想のイメージ=市提供
市が目指すスマートシティ構想のイメージ=市提供

 鎌倉市は4月16日、政府が進めるスーパーシティ構想の対象地域指定を目指し、提案書を提出した。この構想はAIやビックデータなど最新テクノロジーを活用するとともに、規制改革などにより、地域課題の解決を目指すもの。

 提案書によると、市の抱える中枢的課題を「オーバーツーリズムを一因とした交通渋滞」とし、その結果、市民生活・社会経済活動に様々な課題を生み出しているとしている。

6分野で課題解決

 そして「交通・観光」を基軸に、「防災」「ヘルスケア」「デジタルガバメント・まちのDX」「コミュニティ・市民参画」「社会・文化へのつながり」の6つをテーマに掲げ、各課題に対して先進的なサービス提供するとともに、規制緩和を働きかけるという。AIやドローンの活用、システム構築などにより課題解決を図るほか、ロードプライシングによる新しい収益により、持続可能な新しい市民参画モデルの構築を目指す。

 市は「鎌倉スーパーシティでは、世界に誇る歴史遺産や自然景観の継承と防災・渋滞緩和等の両立を目指し、市民の暮らしを豊かに、そしてウェル・ビーイングを高める次世代のまちづくりモデルを、世界に先駆けて確立したい」とした。

全国から応募31団体

 神奈川県から鎌倉市のほか小田原市も応募するなど、全国から31団体が指定を目指している。5月以降、専門調査会による検討が行われ、国家戦略特区諮問会議、政令閣議決定を経て、政府は地域を指定する方針。指定を得るのは5団体ほどの予定。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6

Zoomの使い方を体験

Zoomの使い方を体験 文化

NPOセンターが講座

6月11日号

グラウンド 今秋開設へ

鎌倉インテル

グラウンド 今秋開設へ スポーツ

来週中にも工事開始

6月11日号

カラフルな地域マップ作成

カラフルな地域マップ作成 社会

鎌倉表駅商友会

6月11日号

廃棄野菜でカレーペースト

廃棄野菜でカレーペースト 社会

Z世代の若者が企画・作成

6月11日号

教育現場でICT活用を

教育現場でICT活用を 教育

市教委が私立学校、出版社と協定

6月11日号

雅楽の面白さ知って

雅楽の面白さ知って 文化

芸術館で入門講座

6月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

  • 5月21日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter