鎌倉版 掲載号:2021年8月27日号 エリアトップへ

中高生、大学生も利用 大船のコワーキングスペース

社会

掲載号:2021年8月27日号

  • LINE
  • hatena
運営する関口さん(左)と山田さん =24日・はじまる学び場
運営する関口さん(左)と山田さん =24日・はじまる学び場

 大船駅東口から徒歩2分ほどの場所に8月、新たなコワーキングスペースが誕生した。コロナ下で普及するテレワークによって会社員やフリーランスからの需要高まるコワーキングスペースだが、この新拠点には中学生や高校生、大学生が足繁く通っている。

*  *  *

 その名も『はじまる学び場。』(大船1の11の20鎌倉石原ビル5階)。「人は学び続ける。多世代が集うことで新たに生まれるものもある」。こう話すのは、コワーキングスペースを運営する(株)どこがくの取締役・山田美奈都さん(37/大船在住)。学校教諭だった山田さんは今春に退職し、現役大学生の社長・関口彰さん(22/横浜市在住)とともに会社を立ち上げ、学び場をオープンさせた。

 山田取締役は、関口社長が高校時代に在籍したテニス部顧問でもある。元部員が社長、元顧問が取締役を務め、新拠点を開設した背景には、両者がこれまでに学校で感じた違和感がある。関口さんは「高校で進路を決める際に、大学生や社会人に話が聞きたかった」と言い、山田さんは「学校は閉塞感があるので、生徒はもっといろんな人と交流できれば将来設計の参考になる」。

 学び場では、一般的なコワーキングスペース同様に仕事場として社会人が利用するほか、自習する中高生や大学生の姿も。「やりたいことが見つからなかった」という受験勉強中の渡邉弥紅さん(高校3年)は、「ここで大人が頑張る様子を見て、自分はデザインを大学で学びたいと思うようになった」と話す。

 8月1日のオープンから口コミで徐々に広がり、現在の利用者は1日15〜20人。関口さんと山田さんは、「地域コミュニティの拠点になれれば」と期待を膨らます。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6

5人が出馬へ

衆院選

5人が出馬へ 政治

 神奈川4区 激戦の様相

10月15日号

チェコ音楽を名器ピアノで堪能

チェコ音楽を名器ピアノで堪能 文化

13・14日 カノンハウス

10月15日号

芸術祭が開催中

市内各地

芸術祭が開催中 文化

後半イベント紹介

10月15日号

公開討論を配信

衆院選

公開討論を配信 政治

青年会議所が17日に

10月15日号

14日間連続「ゼロ」

新型コロナ市内陽性者

14日間連続「ゼロ」 社会

10月15日号

「多様性を意識して」

「多様性を意識して」 社会

国際交流員 ネーム・エレン

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook