鎌倉版 掲載号:2021年12月3日号 エリアトップへ

鎌倉のとっておき 〈第123回〉 鎌倉と古代の道

掲載号:2021年12月3日号

  • LINE
  • hatena
今小路通りと郡衙(郡家)跡の見つかった御成小学校
今小路通りと郡衙(郡家)跡の見つかった御成小学校

 鎌倉は源頼朝によって幕府が開かれた後、中世都市として栄えたという印象が強い。しかし源頼朝が鎌倉に入る以前には、郡衙(郡家)が置かれ、鎌倉郡の中心といえる場所だった。

 鎌倉郡衙(郡家)跡は御成小学校付近から見つかり、今小路通りの西側に位置したので、今小路西遺跡と名付けられた。

 遺跡からは「糒五斗天平五年七月十四日」と書かれた奈良時代の木簡が見つかっている。これは備蓄米と考えられ、税の徴収や運上に関係するのではないかと言われている。

 こうした税を集積する場所は交通の要地が選ばれた。当時の鎌倉は今よりも海面が高く、現在の鎌倉駅付近まで河川または浅瀬が入り込んでいたという。このことから鎌倉郡衙(郡家)は海からもアクセスできたとされている。

 さらにかつての東海道は海道という名が示すように海路でつながり、三浦半島から房総半島へ渡る海の道が広がっていた。このため房総半島の南が都に近くなり上総、北が下総という国名になった(国名は都に近い方から上下、前中後となる)。三浦半島の付け根に位置する鎌倉は、房総半島へと続く、まさに東海道の要地だったといえる。

 このように古代の鎌倉は、海の恵みによって富が集まり栄える場所であった。各地と繋がる鎌倉。今小路通りと郡衙(郡家)跡もその象徴の一つだといえる。浮田定則

鎌倉版のコラム最新6

かまくら花めぐり(海蔵寺)

鎌倉のとっておき 〈第133回〉

かまくら花めぐり(海蔵寺)

8月19日号

鎌倉の中の室町期文化〜瑞泉寺の庭園〜

鎌倉のとっておき 〈第132回〉

鎌倉の中の室町期文化〜瑞泉寺の庭園〜

7月8日号

かまくら花めぐり(妙本寺)

鎌倉のとっておき 〈第131回〉

かまくら花めぐり(妙本寺)

6月3日号

今から始める相続の準備

仏行寺と二つの塚

鎌倉のとっておき 〈第130回〉

仏行寺と二つの塚

5月13日号

鎌倉と御家人〜長尾氏〜

鎌倉のとっておき 〈第129回〉

鎌倉と御家人〜長尾氏〜

4月22日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook