神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鎌倉版 公開:2024年2月9日 エリアトップへ

鎌倉検定 1級合格者は38人 3級で10歳も認定証獲得

文化

公開:2024年2月9日

  • X
  • LINE
  • hatena

 鎌倉の文化や歴史を学ぶことで魅力を再発見し、全国に多くの”鎌倉ファン”を生み出そうと実施される「鎌倉観光文化検定試験」。昨年11月に鎌倉女子大学大船キャンパスで行われた17回目の結果が、1月18日、主催の鎌倉商工会議所から発表された。

県内外から732人受験

 今回の受験者数は、1〜3級で合計732人。そのうち、3級231人、2級203人、最難関となる1級は38人が合格証書を手にした。合格率で見ると、3級は66%と前回の合格率81・1%を下回ったものの、2級は前回58・3→今回78・7%、1級は前回15・4→今回30・6%と大幅に伸びた。

 歴史、文化、観光、自然、暮らしなど多岐にわたる問題が出される鎌倉検定。受験者全体に占める市内在住者の割合は29%で、約2割が県外。今回は岩手や福島、山口、大分からの挑戦者もいた。男女比は男性63・9%、女性36・1%。年齢は50〜60代が全体の6割を占めた。

 そんな中、3級を受験した市内梶原在住の太田望実さん(10・清泉小4年)は、今回の最年少合格者となった。昨年に続いて2度目の挑戦で、初の合格証書を受け取った。「去年はあと4点届かなかったので、合格できて本当にうれしい」とにっこり笑う。

 太田さんは、学校での郷土学習や大河ドラマ『鎌倉殿の13人』によって地元に興味が湧き、鎌倉検定を受験。9歳だった前回は、年齢チェック欄が「10〜19歳」以上しかなく困ったという。10歳の今回は、過去問題を繰り返して臨んで見事クリア。上位の2級、1級への挑戦については、「できたら受けたい」と話した。

 なお、今回の最高齢合格者は3級の92歳だった。

鎌倉版のローカルニュース最新6

未来の小町通り学生が景観提案

4日〜展示

未来の小町通り学生が景観提案

2月25日

小学生バンドジャズ演奏会

小学生バンドジャズ演奏会

9日 芸術館

2月24日

ダイナミックに新聞紙で遊ぼう

3月開催

ダイナミックに新聞紙で遊ぼう

0〜2歳対象

2月23日

鶴岡八幡宮と段葛の歴史

鶴岡八幡宮と段葛の歴史

3月14日に講演会

2月23日

点訳者養成講座参加者を募集中

てんとう虫の会

点訳者養成講座参加者を募集中

2月23日

3月9日にコンサート

鎌倉交響楽団

3月9日にコンサート

2月23日

老人ホーム選びはプロにお任せ!

お客様に選ばれて25年以上。ご相談無料、年中無休。ご相談はフリーダイヤル0120-57-5950へ!

https://minkai.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook