神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鎌倉版 公開:2024年6月7日 エリアトップへ

2023年観光客数 前年から微増の1228万人 5類移行も休館等影響か

社会

公開:2024年6月7日

  • X
  • LINE
  • hatena

 鎌倉市は5月31日、2023年1〜12月に市内を訪れた観光客の推定延べ人数が、1228万4233人だったと発表した。昨年の約1195万人を上回り、前年比102・7%と微増した。

 鎌倉文学館の休館や大河ドラマ関連の観光客が落ち着き、一部寺社・施設で減少はしたものの、昨年5月8日に新型コロナが5類に移行した影響もあり、総数は昨年を上回ったと市は分析する。

 市によれば、定点調査を行っている26の施設・寺社のうち、最も多かったのは鶴岡八幡宮で569万6647人(前年比97・2%)。

 最も増加率が高かったのは県立近代美術館別館で前年比160・9%(1万9464人)。天園ハイキングコースが124・1%(22万3541人)、各寺社が115・3%(425万1948人)と続く。

 一方で、NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の関連企画などに区切りがついた鎌倉国宝館は前年比45・4%の4万1932人、鎌倉歴史文化交流館は同52・1%の1万8874人と減り幅は大きいが、来館者数はコロナ前と同程度だった。

 3月末から休館した鎌倉文学館は、1〜3月下旬までの来館者が1万649人で前年比12・8%だった。

 海水浴場開設期間中の海水浴客数は、24万6420人で前年比88・9%だった。

過去10年間の推移
過去10年間の推移

鎌倉版のローカルニュース最新6

ふかさわ夏まつり

8月3・4日

ふかさわ夏まつり

7月20日

「オレッ!」踊りに歓声

腰越天王祭

「オレッ!」踊りに歓声

7月19日

親子一緒にものづくり

大船で29日

親子一緒にものづくり

7月19日

地域見守る自販機登場

地域見守る自販機登場

二階堂の青少年会館

7月19日

夏をテーマに歌おう

夏をテーマに歌おう

きらら鎌倉で8月3日

7月19日

食料・日用品無料で配布

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook