ホーム > 茅ヶ崎版 > ローカルニュース > 田んぼ一面にレンゲ草

茅ヶ崎

田んぼ一面にレンゲ草

水田景観保全などに一役
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
西久保の田んぼに咲いているレンゲ草(4月18日撮影)
西久保の田んぼに咲いているレンゲ草(4月18日撮影)

 茅ヶ崎市が水田保全対策事業の一環として市内の農家の協力を得て田んぼにレンゲ草の種をまいている。このほど、ピンク色の可愛らしいレンゲ草が開花し、見頃を迎えている。

 レンゲ草は有機肥料としての効果があり、水田の景観保全と土壌改良のため秋頃に種まきを行っている。

 市は西久保や萩園、本村、赤羽根、堤など市内15農家に合計89kgのレンゲ草の種を配布。播種面積は約2万9100平方メートルに上る。4月末から5月上旬になると田植えの準備のために順次耕される。
 

関連記事

powered by weblio


茅ヶ崎版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 藤沢
  • 鎌倉
  • 茅ヶ崎
  • 寒川
  • 平塚
  • 大磯・二宮・中井
  • 小田原
  • 足柄
  • 箱根・湯河原・、真鶴
  • 秦野