茅ヶ崎版 掲載号:2012年7月27日号
  • googleplus
  • LINE

第4回 「平太夫新田」 茅ヶ崎の轍(わだち) 協力/茅ヶ崎市文化資料館

「松下平太夫」と刻まれた石塔(八幡神社)
「松下平太夫」と刻まれた石塔(八幡神社)

 市内には江戸時代の村が23ありましたが、新田という名を付けていたのは平太夫新田だけです。

 新田とは、不毛な原野や大きな河川の流域などを耕作できるよう開発した土地のこと。戦国時代には戦国大名が、江戸時代には幕府や藩、村、農民、町人などが開発を進めました。特に江戸時代に多く行われ、全国の耕作地は倍増したといわれています。平太夫新田は松下平太夫という者が開いたといわれています。

 その松下平太夫の供養塔は、今も鎮守・八幡神社の境内に祀られており、石塔の正面には「三諦院法源居士 松下平太夫」の文字が彫られています。平太夫新田ではこの松下平太夫を偲んで、毎年11月30日に、塔の前で供養を続けています。
 「新編相模国風土記稿」によると、「民戸十」とあることから平太夫新田が小さな村だったことが伺えます。1855年(安政2年)は村人70人、1886年(明治19年)には家数13、人数61と記録にあります。

 新田とはいうものの、村の土地は水田に向かず、主な生業は、畑作と川漁でした。相模川は天災の元でしたが、生活の糧をもたらすものでもあったようです。
【参考文献/茅ヶ崎市史1】

茅ヶ崎版の茅ヶ崎の轍(わだち)最新6件

<PR>

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

松籟庵で雛人形展示

松籟庵で雛人形展示

3月4日まで

2月10日~3月4日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク