茅ヶ崎版 掲載号:2016年2月19日号 エリアトップへ

市の落書き問題 地域ぐるみで美化対策 啓発キャンペーン実施

社会

掲載号:2016年2月19日号

  • LINE
  • hatena
自治会や学生らが落書き消しを行った
自治会や学生らが落書き消しを行った

 茅ヶ崎市内で昨年から被害が急増し問題となっている「落書き」。茅ヶ崎市と茅ケ崎警察署では、街から落書きをなくそうと2月5日に「ちがさき落書き防止キャンペーン」をJR茅ケ崎駅周辺で実施した。

 この日は市職員と警察署員のほか、市の呼びかけで集まった市内の自治会や商店会、東京電力(株)、文教大学のボランティア団体が参加。地域を挙げての啓発活動となった。

 ペデストリアンデッキで開催の挨拶に立った服部信明茅ヶ崎市長は「皆様のご協力でこのキャンペーンを実施することが出来ました。少しでも落書きがなくなるよう宜しくお願いします」と協力団体に感謝の言葉を贈った。活動では被害現場であるツインウェイブ壁面などの落書き消しが行われたほか、落書き行為の禁止を周知啓発するティッシュペーパー配りが行われた。

 市環境政策課の担当者は「落書きを放置せず美化対策を行うことで景観を守るだけでなく、重大な犯罪を抑制する効果も期待できる」と話していた。

 また昨年の被害増加から茅ケ崎警察署ではスプレー等の販売店に啓発プレートの設置を依頼し、購入時から落書き行為の抑制を図っている。

啓発プレートの設置を行っているユニハードウェア甘沼店
啓発プレートの設置を行っているユニハードウェア甘沼店

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

褐炭由来の水素でドローンデモ飛行

新たに80人の感染を確認

新型コロナ

新たに80人の感染を確認 社会

9月24日号

アヒルの「ぼんちゃん」地域のアイドル

アヒルの「ぼんちゃん」地域のアイドル 社会

高田在住のコールダック

9月24日号

就農10年「安定経営できてる」

就農10年「安定経営できてる」 経済

市内初の新規営農者 石川正人さん

9月24日号

深まる秋に花の便り

「コンテンツ大賞」に参戦

「#ちがすき」

「コンテンツ大賞」に参戦 社会

読者投票9月25日から

9月24日号

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook