茅ヶ崎版 掲載号:2016年5月20日号 エリアトップへ

環境保全の思い形に 市民団体が行谷(なめがや)の冊子作成

社会

掲載号:2016年5月20日号

  • LINE
  • hatena
冊子を持つ茅ヶ崎野外自然史博物館の森上義孝さん、津田祐一郎さん、岸しげみさん(左から)
冊子を持つ茅ヶ崎野外自然史博物館の森上義孝さん、津田祐一郎さん、岸しげみさん(左から)

 市民団体「茅ヶ崎野外自然史博物館」(熊澤泰信代表)がこのほど冊子「行谷の湿地湿田を未来まで」を作成した。これは同団体の活動地「行谷の谷戸湿地湿田ビオトープ」が、昨年「関東水と緑のネットワーク拠点百選」に選ばれたことによる助成で作成したもの。

 同団体は2001年に結成し自然の大切さを広めようと定例観察会などを開催。2009年からは行谷の湿地・湿田を借地し環境保全作業を行っている。

 「行谷」のこの地域は文教大学から小出川に向かって下る谷戸地形の湿地部。現在、市内では数少ない湿地性動植物の貴重な生息生育環境になっている。

 2009年、約1haに盛り土がされ、広範囲の湿地が失われたことを受け、同団体は「県の遊水地計画を誘致し、広い面積の湿地と草地を残したい」と考えた。事務局の岸しげみさんによると「遊水地工事である程度のダメージを受けるが、同じ行谷地域の生物を確保できるように予定地外の湿地を借地して生物を維持している。これにより遊水地の生物多様性がより早く回復できる」と話す。

 冊子には行谷の自然環境とこれまでの経過が記され、活動への理解を広めようと配布している。岸さんは「貴重な生き物、自然環境を未来へ残して行くため活動を続けていきたい」と話した。

キャッシュレスで全品5%還元

電子マネー払いで即日還元、クレジット払いで引落時還元。2020年6月まで。

http://www.fresh-tamaya.jp/

<PR>

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

子どもの施設で消毒作業

茅ヶ崎青年会議所

子どもの施設で消毒作業 社会

5月29日号

エッセイ『くさぐさの記』刊行

作家・あやのさん(浜須賀在住)

エッセイ『くさぐさの記』刊行 文化

5月29日号

割引券で事業者応援

割引券で事業者応援 経済

飲食店以外にも広がり

5月29日号

県内プロ15チーム 1つに

県内プロ15チーム 1つに スポーツ

eスポーツで医療支援

5月29日号

今年の映画祭はオンラインで

ハクエイ・キム ジャズ公演

ミュージシャンを応援しよう

ハクエイ・キム ジャズ公演 文化

6月7日 ハスキーズで

5月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク