茅ヶ崎版 掲載号:2016年9月23日号 エリアトップへ

全国で「ひまわり賞」獲得 女声合唱団 湘南はまゆう

文化

掲載号:2016年9月23日号

  • LINE
  • hatena
「ひまわり賞」獲得を喜び笑顔を見せる湘南はまゆうメンバー
「ひまわり賞」獲得を喜び笑顔を見せる湘南はまゆうメンバー

 女声合唱団「湘南はまゆう」が、8月27日、28日に青森市文化会館で行われた「第39回全日本おかあさんコーラス全国大会」に出場し、優秀団体に贈られる「ひまわり賞」を獲得した。

 同団は1988年に創立。市内在住者を中心とした20代から70代までの女性38人が所属し、市内の公共施設で練習に励んでいる。これまで同全国大会に3回の出場経験があり、毎回「ひまわり賞」を獲得。コンクール出場以外にも、福祉施設訪問や被災地復興支援チャリティコンサート開催などの活動を続けている。

魂の歌声を大舞台で披露

 全国に向けては、まず4月の県大会で優秀賞を受賞し、7月の関東へ駒を進めた。その際、曲目を可愛らしい恋を歌った「ポケットの星(みつはしちかこ作詞)」から、同団の声質に合わせて「君死にたまふことなかれ(信長貴富作曲)」に変更。反戦の思いを綴った与謝野晶子の詩に曲をつけたこの歌を、同団の鈴木理恵子代表は「難しい掛け合いや台詞のような部分があり技術的にも神経を使う曲。難しかったが練習すればするほど良くなっていった」と振り返る。

 そして関東でも優秀賞を得て全国の舞台へ。コンサートマスターの田端裕子さんは「華やかな曲を披露する団体が多い中、命を削るような魂の歌声を響かせられた。審査員の方から『鬼気迫る熱演に会場が息を飲んだ』と評して頂き嬉しかった」と振り返る。また、書記の青山道代さんは「この曲はこれから先も他のコンクールで歌っていくので、練習を積み重ねてより深めていきたい」と今後の展望を語った。

 鈴木代表は「はまゆうは来年30周年を迎える。今回の『ひまわり賞』は、節目の年に向けて弾みをつけられるものになった。今後の大会や、来年1月の記念コンサートに向けて歌い続けていく」と笑顔を見せた。

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

参加者「怒鳴る頻度が減った」

子育て講座『ほしつ☆メソッド』

参加者「怒鳴る頻度が減った」 教育

市が受講者募集中

4月3日号

自宅で楽しめる教材配架

赤松町の英会話教室

自宅で楽しめる教材配架 文化

「外出自粛中の子どもに」

4月3日号

司法書士の無料相談会

司法書士の無料相談会 社会

4月4日、藤沢で

4月3日号

プロの味 自宅で再現

中華街・招福門

プロの味 自宅で再現 社会

肉まんキットを新発売

4月3日号

公開プレゼンに15事業

Web限定記事

公開プレゼンに15事業 社会

市民活動げんき基金

4月3日号

Catch up

Catch up 文化

茅ヶ崎ゆかりの様々なアーティストにフォーカス!(ナスマサタカ編)

4月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

タケノコ堀り体験

小中学生親子対象

タケノコ堀り体験

4月26日 市内の竹林で

4月26日~4月26日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク