茅ヶ崎版 掲載号:2017年8月11日号 エリアトップへ

「ヘビにいたずらしないで」 実は有毒 ヤマカガシ

社会

掲載号:2017年8月11日号

  • LINE
  • hatena
公園で目撃されたヤマカガシ(県立茅ケ崎里山公園提供)
公園で目撃されたヤマカガシ(県立茅ケ崎里山公園提供)

 7月末に兵庫県の小学生が咬まれた事件を機に注目されている「ヤマカガシ」。その特長や生態について神奈川県立茅ケ崎里山公園に話を聞いた。

 ヤマカガシは日本に古くから生息するヘビ。主食とするカエルが多く生息する川や田んぼなど、水辺で広く見かけられる。

 同園でも、芹沢の池や里の家など、年3〜5回程度の目撃例があり、またカエルを追ったと見られる個体が木の上で目撃された事例もある。

 外見は地域によって異なるが、関東では赤と黒の模様が一般的。毒の強さは、同様に里山公園に生息しているマムシの4倍ともいわれ、国内では1972年以降4件の死亡例が残る。「毒を出す牙があごの奥にあるため、浅くかまれても毒が注入されにくく、毒がないといった誤解も多い」という。

 攻撃的なマムシと異なり基本的に憶病で、人を見ると逃げることが多い。同園では8月5日現在までヤマカガシ被害の例はないが、昨年から今年にかけ無毒のアオダイショウ被害が1件報告されている。

 同園は「ヤマカガシやアオダイショウは自分から人を襲うことはないが、危害を加えられた際は身を守るため攻撃をしてくる。見付けても騒がず、ゆっくりと離れ、いたずらもしないで」と呼びかけている。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

ボランティアの魅力発信

ボランティアの魅力発信 社会

動画で担い手増ねらう

9月17日号

コンバインドBで全国へ

陸 上

コンバインドBで全国へ スポーツ

松浪小6年 立石亮馬君

9月17日号

インボイス制度学習会

インボイス制度学習会 社会

9月23日(木) 茅ヶ崎民主商工会

9月17日号

ローカルファーストの実践へ

まちづくりシンポジウム

ローカルファーストの実践へ 社会

9月17日号

 小出川沿いに早めの彼岸花

 小出川沿いに早めの彼岸花 文化

「20日前後から見頃」

9月17日号

『ヴェニスの商人』を無料配信

2021音貞オッペケ祭

『ヴェニスの商人』を無料配信 文化

ユーチューブで30日まで

9月17日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook