茅ヶ崎版 掲載号:2017年12月8日号 エリアトップへ

野口さん 三度目の宇宙へ 父・幹夫さんからエール

社会

掲載号:2017年12月8日号

  • LINE
  • hatena
父の幹夫さん(左)と並ぶ野口聡一さん(幹夫さん提供)
父の幹夫さん(左)と並ぶ野口聡一さん(幹夫さん提供)

 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11月7日、茅ヶ崎市出身の野口聡一宇宙飛行士(52)を国際宇宙ステーション(ISS)第62次・第63次長期滞在搭乗員に決定したことを発表した。

 野口さんは2005年に搭乗運用技術者としてスペースシャトルの飛行再開ミッションに参加。09年にJAXA宇宙飛行士として初めてソユーズ宇宙船に搭乗し、今回が3度目の宇宙飛行となる。

 11月下旬から、ISS長期滞在に向けての訓練を開始しており、19年の末頃から約半年間、ISSのフライトエンジニアとして、「きぼう」を含むISSの各施設の維持・保全、科学実験、ISSロボットアーム操作などの任務にあたる予定となっている。

 野口さんはJAXAのホームページ上に「3度目の宇宙飛行の機会を与えていただいた事に感謝するとともに、任務の重大さに身が引き締まる思い。滞在中の2020年には東京五輪・パラ五輪が開催される中、私も『日本の代表』として宇宙を舞台にしっかり任務を遂行し、国民の皆さんに誇りと感動を届けたい」と抱負を寄せている。

 父の幹夫さん(82)は「宇宙飛行士は人類の発展に貢献し、子どもたちに夢を与える仕事。大役だが頑張ってほしい」とエールを送り、「帰ってきたらまた一緒に茅ヶ崎でゴルフがしたい。まだ私の方が上手いからね」と笑顔で話した。

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

湘南、一瞬の隙に泣く

湘南ベルマーレ

湘南、一瞬の隙に泣く スポーツ

シュート16本 ゴール届かず

5月17日号

名奉行偲ぶ祭典 今年も

第64回大岡越前祭

名奉行偲ぶ祭典 今年も 文化

5月17日号

ひきこもりを考える

ひきこもりを考える 社会

25日 市役所でセミナー

5月17日号

グランプリ26日に決定

ガールコンテスト

グランプリ26日に決定 文化

5月17日号

公民館を知ろう

公民館を知ろう 文化

18日から全4回講座

5月17日号

いじめと家族を描く

いじめと家族を描く 文化

文化会館で劇公演

5月17日号

六花が朗読会

ハスキーズ 22日

六花が朗読会 文化

5月17日号

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク