茅ヶ崎版 掲載号:2018年1月12日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

―たかが咳 されど咳― 茅ヶ崎徳洲会病院医療レポート【2】 「1週間続く咳は受診の知らせ」 総合内科 塚本玲三名誉院長

 咳は一番身近な疾患の一つ。しかし軽視されやすい疾患でもある。冬になると増加する「長引く咳」について、茅ヶ崎徳洲会病院総合内科の塚本玲三名誉院長に話を聞いた。

 日本の高齢者の死亡原因半数以上を占める肺炎。国も肺炎球菌ワクチン接種など対策に力を入れている。

 一方、『治ったけど咳だけ残る』『色々試したけれどいい薬が見付からない』という悩みに思い当たる人も多いのでは。

 塚本名誉院長は「咳と一口に言っても、こみ上げる咳、絡む咳など様々。市販薬で治らない時は、つまりそれほど重い疾患の可能性も」と説明する。

 長引く咳の原因は、気管支炎、咳ぜんそく、百日咳、マイコプラズマ肺炎や、花粉症といったアレルギーなど多岐にわたる。塚本名誉院長は「原因があやふやなままで誤った対処をすると、症状を長引かせたり、悪化させたりすることも。悪化した際に一番怖いのが、肺癌なのです」と話す。

咳の時にアルコールはNG

 また、咳に対する誤った対処法としてお酒があるという「お酒は気管支を刺激します。アルコールで消毒になるというのは誤り。寝入りを良くしても眠り自体浅くしてしまいます。温かい牛乳や紅茶などが気管支に優しい」と塚本名誉院長は呼びかける。

緑や茶褐色の痰肺炎の可能性も

 ”怖い咳”の見分け方の1つが、肺炎の可能性を示す「緑や茶褐色の汚い痰」だ。「咳は周囲に感染を広げることがあります。痰の有無に関わらず、一週間以上咳が続く際は受診を」【取材協力・茅ヶ崎徳洲会病院】

医療法人徳洲会 茅ヶ崎徳洲会病院

茅ヶ崎市幸町14-1

TEL:0467-58-1311

http://www.chigasakitokushukai.jp/

茅ヶ崎版のピックアップ(PR)最新6件

au茅ヶ崎店から新春お年玉

1月27日(土)・28日(日)

au茅ヶ崎店から新春お年玉

1月19日号

「24時間温泉三昧!」

「ストレッチ」を伝授

医療講座

「ストレッチ」を伝授

1月19日号

スポーツ・健康フェスタ

申込受付中

スポーツ・健康フェスタ

1月19日号

全国で「健康ダイエット教室」を開催

スポーツ・健康フェスタ

申込受付中

スポーツ・健康フェスタ

1月12日号

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月19日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク