茅ヶ崎版 掲載号:2018年4月6日号
  • LINE
  • はてぶ

(PR)

来恩寺では4月21日(土) 午後1時半から 知っていますか?「花まつり」 4月8日 お釈迦様の誕生祝う

 お釈迦様の誕生日を祝う花まつり。「灌仏会」「仏生会」などとも呼ばれ、お釈迦様が旧暦4月8日に生誕した伝承に基づき、毎年4月8日に行われている。花で飾った花御堂の中に誕生仏像を安置し、柄杓で甘茶をかけて祝う姿が知られているが、これはお釈迦様が誕生した時を再現しているものだ。

お釈迦様の生まれた日

 お釈迦様が生まれたのは今から約2600年前。母親のマーヤ夫人は、当時インドにあった小国の一つシャカ族の王妃。つまりお釈迦様は王族の王子として生まれた。

 出産のため故郷へ向かう途中、ネパールのルンビニーの花園に立ち寄り、花に手を伸ばした時、なんと右の脇腹から生まれたという。マーヤ夫人はお釈迦様を授かる前に“6本の牙をもつ象が脇腹から子宮に入り、世界中が花に包まれ音楽が鳴り響く”という夢を見ていたという話もある。

生きとし生けるものそれぞれ尊い

 生まれたばかりのお釈迦様はすぐに立ち上がり、東西南北それぞれに7歩あゆみ、歩いた跡には蓮の花が咲いたという伝説がある。花御堂に安置される誕生仏像は、この時のポーズだ。

 その際にお釈迦様は、右手で天を、左手は地面を指して「天上天下唯我独尊」と話した。この言葉の意味を「世の中で“自分が”一番偉い」と誤解している人も多いが、実際は「世の中で“それぞれが”同じく偉い」というもので「生きとし生けるもの、全ての命はそれぞれがとても尊い命だ」という正反対の意味だ。この考え方は、仏教が「全ての命あるものが、等しく仏になっていく道」を示すことにも繋がっている。

甘茶でお祝いや稚児行列も

 甘茶は、釈迦誕生の際に竜王が降らしたという甘露の雨に見立てたものだ。

 地域によって、花まつりに合わせ稚児行列を行うところもある。「稚児」は行儀見習いなどのためにお寺に預けられた子どものことで、古来より神聖で神仏に近い存在と見られていた稚児の姿を装い、法要を華やかにしている。

◆以下の画像をクリックかタップするとPDFが開きます。


liondera_0406.jpg

 

茅ヶ崎版のピックアップ(PR)最新6件

出版への第一歩を

初開催防災イベントに160人

マザーアース茅ヶ崎

初開催防災イベントに160人

10月5日号

「医者に聞きにくい薬の話」

茅ヶ崎寒川薬剤師会 第7回市民公開講演会

「医者に聞きにくい薬の話」

10月5日号

くらしの相談会を開催

弁護士、税理士が無料でアドバイス 湘南労福協

くらしの相談会を開催

10月5日号

事業承継税制の特例について

30分ボーカル無料体験

大好評

30分ボーカル無料体験

10月5日号

稲岡ハウジング㈱が正社員募集中

昼食代支給、健康診断休暇、報奨金制度、国内外に社員旅行。詳細は本社総務課へ。

https://www.inaoka-h.com/

<PR>

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク