茅ヶ崎版 掲載号:2018年6月29日号 エリアトップへ

課題多い「免許の自主返納」 優待サービス充実求める声も

社会

掲載号:2018年6月29日号

  • LINE
  • hatena
免許返納を促すポスター
免許返納を促すポスター

 茅ヶ崎市では90歳のドライバーが歩行者をはねて死傷させた事故が5月に発生し、高齢ドライバーによる交通事故が全国で相次ぐなか、運転免許の自主返納制度が改めて注目を浴びている。警察署や行政、民間企業の取り組み、実際に免許を返納した人の声などを届ける。

 茅ケ崎警察署(山口達夫署長)管内では、今年1月から5月末までに人身交通事故が245件発生しており、そのうち65歳以上が関係する事故は92件で全体の37・6%を占める。過去5年間でも30%台を推移していたが、今年は中でも1番高いパーセンテージとなった。

「本人や家族も葛藤」

 茅ケ崎署によると、管内の運転免許保有者数は18万2547人で、65歳以上は約2割の3万6905人。今年に入り266人が運転免許の自主返納をしている(ともに今年5月末現在)。

 高齢者に返納を促す声が高まる一方、本人や家族もさまざまな葛藤があり、気持ちに寄り添うことを忘れてはならない。

 昨春免許を返納した87歳の父を持つ共恵在住の59歳の女性は、父が80歳を過ぎた頃から返納を促してきた。しかし、直接的に「運転をやめて」と言えば、楽しみを奪ってしまうと苦悩していたという。そこで事故のニュースを伝えたり、事故を起こすと家族にも負担をかけることになると諭し、返納へと導いた。

 また、室田在住の91歳の男性は、家族のすすめや自らも「何かあってからでは遅い」と感じながらも、生活に車が必要なため返納を迷っているという。

 免許を自主返納すると、公的な身分証明書として使用できる「運転経歴証明書」を申請することができる。同書を提示すれば、神奈川県内の企業や小売店でさまざまな優待サービスを受けられるが、茅ヶ崎市内ではまだまだ少なく、「もっと充実させて」といった声も聞かれた。

 同署では、市と連携して高齢者向けの運転講習会を今年も9月頃に京急自動車学校茅ヶ崎校を会場に行う。詳細は8月15日発行の広報紙で紹介される。

 山口署長は「年齢を重ねるごとに判断力などは確実に低下していく。悲惨な事故を起こす前に返納を真剣に検討していただきたい」と話している。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

フラ通し地域貢献

ホノルルウィーク

フラ通し地域貢献 文化

明治安田生命で教室

10月23日号

海と人想うマーケット

畑一面、ピンク色に

畑一面、ピンク色に 社会

藍の花が見ごろ

10月23日号

1万のろうそく夜彩る

湘南Candle

1万のろうそく夜彩る 社会

11月8日まで

10月23日号

市内から仏像3点

市内から仏像3点 文化

県立博物館で展示

10月23日号

若年世代からのお金の運用学ぶ

オンライン講座

若年世代からのお金の運用学ぶ 社会

10月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク