茅ヶ崎版 掲載号:2018年11月2日号
  • LINE
  • hatena

市長選 3〜4人の争いか 市議補選は1議席に6人

政治

 服部信明市長の死去に伴う11月18日(日)投開票の茅ヶ崎市長選挙と市議会議員補欠選挙まであと2週間に迫り、立候補予定者たちの動きが活発化してきている。[10月30日起稿]

* * *

 立候補を届け出る11月11日(日)の告示を1週間後に控え、市長選では2氏が出馬を正式表明。10月に19年間務めた神奈川県議会議員を辞職した佐藤光氏(49)には自民党が推薦を決め、公明党も現在検討している。前回の市長選(2015年)で服部市長の4万4473票に次ぐ3万1053票を獲得した鈴木毅氏(63)も立憲民主、自由、社民党の推薦を取りつけ、共産党も協議している。

 2人に加え、過去3回の茅ヶ崎市長選に出馬経験を持つ桂秀光氏(62)が選挙に向けて準備を進めているようだ。さらに、10月22日の立候補予定者向け説明会に出席した立澤晴美氏(50)も前向きに出馬を検討しており、3人、4人で争う可能性もある。

 一方の市議補選は、吉川和夫市議が昨年12月に他界したことで空白となっていた1議席を、6人が争う様相。元職の岡崎進氏(54)と長谷川由美氏(48)、新人の石田秀樹氏(54)、金田俊信氏(57)、木山耕治氏(36)、藤本恵祐氏(57)が出馬を表明した。現時点で他に目立った動きはないが、市長選も含めて11日の告示日まで新たな立候補の可能性も残されている。


服部市政からの変革いかに

 市長選に出馬表明した佐藤光氏=甘沼=は茅ヶ崎出身で、県議に5期連続当選。「服部市政を継承しつつ進化させていきたい」と語り、小児医療費無償化の中学生まで拡充、市立病院の経営改革などを重点政策に掲げた。

 鈴木毅氏=矢畑=は、藤沢市出身で現在は一般社団法人顧問。「良い点は引き続き継承し、さらに良くなるよう努めたい」と述べ、新たな公共施設建設の見直しなどによる財政再建、防災対策にも注力したいとしている。

 インドのコインバットゥール工科大客員講師の桂秀光氏=松林=は「市長の年俸半減、市街化調整区域を見直し、本社機能を持つ上場企業誘致・鉄道網の整備、公立医科大学の創設などを訴える」とした。

 立澤晴美氏=東京都あきる野市=は、国分寺市出身。2015年のあきる野市長選、17年の同市議選に出馬。「身を切る改革」を掲げ、「財政硬直化の改善、市民減税、市長市議の年俸半減」などについて言及した。

 なお、茅ヶ崎青年会議所(JC)は市長選の立候補予定者を対象にした公開討論会を、11月5日(月)午後7時から9時にルアンホール(新栄町10の25の5階)で開催。(問)JC【電話】0467・85・0212

子育て、健康、音楽に重点

 激戦が予想される市議補選は、岡崎進氏=菱沼海岸=と金田俊信氏=今宿=が中学校給食の実施、木山耕治氏=浜竹=が保育サービスの拡充など子育て分野を最重要政策としてあげている。長谷川由美氏=幸町=は文化・市民活動の発展による健康寿命増進、藤本恵祐氏=堤=は予防医療充実による健康寿命の増進を掲げ、石田秀樹氏=浜之郷=は音楽を活用した産業振興・働き方改革などを強調した。
 

茅ヶ崎版のトップニュース最新6件

惜しまれつつ閉園へ

相模川河畔スポーツ公園

惜しまれつつ閉園へ

1月18日号

「松林」が男女9連覇

第81回高南駅伝

「松林」が男女9連覇

1月18日号

人気動画の仕掛人

closeup!

人気動画の仕掛人

1月11日号

郷土資料をデジタル化

市立図書館

郷土資料をデジタル化

1月11日号

市内初のガールズ競輪選手

closeup!

市内初のガールズ競輪選手

1月4日号

うみかぜテラス 開設

体験学習センター

うみかぜテラス 開設

1月4日号

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク