茅ヶ崎版 掲載号:2020年4月17日号 エリアトップへ

茅ヶ崎発「藍プロジェクト」 本村・佐野さんが始動

文化

掲載号:2020年4月17日号

  • LINE
  • hatena
廃材で手作りした芹沢の工房
廃材で手作りした芹沢の工房

 市内本村在住の佐野太紀さん(37)が、芹沢や藤沢市北部の畑で藍染めに使用されるタデ科の植物・藍の栽培に励んでいる。畑近くには廃材で手作りの工房も構え、「種まきから栽培、製品化、ワークショップまで一貫したプロジェクトを企画している。熱意があり、藍づくりに携わりたい人は声を掛けて」と語る。

 佐野さんが藍の栽培をはじめたのは2017年夏。藤沢で藍を育てる塩沢功さんの記事を読んだことがきっかけだった。もともと伝統工芸の藍染めに興味があり、静岡や京都の職人を訪ねたこともあった。「藍を育てている人がこんな近くにいたとは」。すぐに連絡を取り、指導を仰いだ。

 藍の天然染料「すくも」づくりは、昔ながらの職人技で、1年単位の大仕事。素人が簡単に手を出せるものではない。夏に収穫した藍の葉を藁の下で腐らせて発酵させ、藍甕(あいがめ)の中でかき混ぜて完成させる。ものを言うのは温度管理。発酵の進み具合の見極めも肝心だ。佐野さんは昨年手探りの中、試作に成功し、手応えを感じている。

人の縁で夢に着々

 文教大学を卒業後、主にWebで古物商を営む佐野さん。「ありがたいことに藍づくりでは人の縁に恵まれた」。柳島海岸の川村眞弓さんが土地を無償で貸してくれたほか、工房づくりにも全面協力。隣の畑の大工さんも手伝ってくれた。廃材も市内の建設業者から譲り受けたものだ。

 今は種まきの最盛期で、ほんのり日焼け顔。「藍を通じて人と人をつなぎたい」。(問)佐野さん【メール】hpspjp3@gmail.com
 

平和防災株式会社

あなたの建物は安全ですか?消防用設備保守点検・火災報知設備工事等お任せ下さい

http://www.heiwabousai.com/

<PR>

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

中尾 誠利さん

毎週南相馬へ通う医師

中尾 誠利さん 社会

3月5日号

ちがけせん

茅ヶ崎と気仙沼をサッカーでつなぐ

ちがけせん 社会

3月5日号

産後体操と育児相談

オンライン講座

産後体操と育児相談 社会

3月5日号

清水谷観察会

清水谷観察会 文化

7日 市民の森集合

3月5日号

司法書士の無料相談会

3月6日・20日 藤沢駅近くで開催

司法書士の無料相談会 社会

3月5日号

ドライフラワー吉田敦子作品展

小清水仏壇店

お彼岸ご奉仕会開催中!

http://www.chigasaki-saijyou.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク