茅ヶ崎版 掲載号:2020年4月17日号 エリアトップへ

茅ヶ崎発「藍プロジェクト」 本村・佐野さんが始動

文化

掲載号:2020年4月17日号

  • LINE
  • hatena
廃材で手作りした芹沢の工房
廃材で手作りした芹沢の工房

 市内本村在住の佐野太紀さん(37)が、芹沢や藤沢市北部の畑で藍染めに使用されるタデ科の植物・藍の栽培に励んでいる。畑近くには廃材で手作りの工房も構え、「種まきから栽培、製品化、ワークショップまで一貫したプロジェクトを企画している。熱意があり、藍づくりに携わりたい人は声を掛けて」と語る。

 佐野さんが藍の栽培をはじめたのは2017年夏。藤沢で藍を育てる塩沢功さんの記事を読んだことがきっかけだった。もともと伝統工芸の藍染めに興味があり、静岡や京都の職人を訪ねたこともあった。「藍を育てている人がこんな近くにいたとは」。すぐに連絡を取り、指導を仰いだ。

 藍の天然染料「すくも」づくりは、昔ながらの職人技で、1年単位の大仕事。素人が簡単に手を出せるものではない。夏に収穫した藍の葉を藁の下で腐らせて発酵させ、藍甕(あいがめ)の中でかき混ぜて完成させる。ものを言うのは温度管理。発酵の進み具合の見極めも肝心だ。佐野さんは昨年手探りの中、試作に成功し、手応えを感じている。

人の縁で夢に着々

 文教大学を卒業後、主にWebで古物商を営む佐野さん。「ありがたいことに藍づくりでは人の縁に恵まれた」。柳島海岸の川村眞弓さんが土地を無償で貸してくれたほか、工房づくりにも全面協力。隣の畑の大工さんも手伝ってくれた。廃材も市内の建設業者から譲り受けたものだ。

 今は種まきの最盛期で、ほんのり日焼け顔。「藍を通じて人と人をつなぎたい」。(問)佐野さん【メール】hpspjp3@gmail.com
 

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

聖火がつないだ不思議な縁

聖火がつないだ不思議な縁 社会

小学生の自由研究がきっかけ

10月15日号

海洋プラで万華鏡作り

海洋プラで万華鏡作り 教育

10月24日 うみかぜテラス

10月15日号

夜のゴルフ場 特別な体験

夜のゴルフ場 特別な体験 スポーツ

GDOが地域向け企画

10月15日号

ほのぼのイラスト展開催

ほのぼのイラスト展開催 社会

10月28日から

10月15日号

「#ちがすき」中間報告で1位

日本地域情報コンテンツ大賞

「#ちがすき」中間報告で1位 社会

読者投票は10月26日まで

10月15日号

「希望に満ちたシーズンに」

神奈川フィル

「希望に満ちたシーズンに」 文化

来シーズンのプログラムを発表

10月15日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

割烹竹万

新型コロナワクチン2回接種で10%割引も!

http://takeman.co.jp/newinfo/covitvaccine.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook