茅ヶ崎版 掲載号:2020年6月5日号 エリアトップへ

アスリート手記 力を蓄え、次の大会へ 一輪車・内田3姉弟

スポーツ

掲載号:2020年6月5日号

  • LINE
  • hatena
(左から)侑希さん、碧さん、岬希さん
(左から)侑希さん、碧さん、岬希さん

 新型コロナの影響で、7月にフランスで開催予定の一輪車大会が延期になった。過去の国際大会で活躍し、今回も出場予定だった十間坂在住の内田碧さん(高2)、岬希さん(中3)、侑希さん(小6)に思いを綴ってもらった。

(碧さん)自粛期間は、運動施設で練習できなくなりました。小学4年で一輪車を始めてから練習は日常の一部でしたが、それが変わりました。

 それまでは、大会でよい成績を取らなきゃいけないという焦りがありました。しかし目標の大会が無くなり、緊張の糸が途切れてしまいました。

 先日、久々に思いきり乗ると純粋な楽しさを感じました。「一輪車に乗れるのは、決して当たり前のことではない」という発見をしたのです。

 いまは基本から見直し、次回の大会へ向け練習を重ねています。また今回改めて、一輪車の楽しさを知ってほしいと思うきっかけにもなりました。機会があれば地域の催しなどで披露し、魅力を伝えていきたいです。

(岬希さん)今回は、ジュニア枠での最後の出場チャンスでした。日々の練習はもちろん、海外選手と積極的に連絡をとり最新情報を得てきました。一輪車メーカーにアピールしスポンサー契約を結ぶことをめざしていましたが、そのチャンスも遠のきました。

 自粛期間中は体育館も使えません。しかし「自分が環境に合わせること」も大切だと学びました。たとえば不安定な屋外の練習で力をつければ、室内ではよりよい技を発揮できると思います。ジュニア枠は逃しましたが、シニアでも通用できる技を磨きます。

(侑希さん)昨年、小学生の一輪車ハーフマラソン日本記録などを作り、国際大会でそれを上回る成績を残したいと思っていたので、残念です。

 いまはロードバイクに乗って遠出したり、食事をたくさんとって体力は維持しています。またこの期間、家族でよく遊んでいました。僕たちは家族で協力して大会に臨んでいるため、家族の仲や信頼を深めるよいタイミングだったと思います。

 中学になってからも大会で活躍できるよう、力を蓄えたいです。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

パイプオルガンコンサート

平和学園

パイプオルガンコンサート 文化

12月11日 先着250人

12月3日号

自分の健康は自分で守ろう

「おしごと」の大切さ体験

市内小学生と保護者ら 茅ヶ崎YEG

「おしごと」の大切さ体験 社会

12月3日号

茅ヶ崎から「宇宙」へ飛躍

円蔵に本社 (株)由紀精密

茅ヶ崎から「宇宙」へ飛躍 経済

超小型人工衛星のエンジンを開発

12月3日号

空手五輪代表の技間近で

空手五輪代表の技間近で スポーツ

柳島自治会館で体験会

12月3日号

大隅寿男ジャズライブ

大隅寿男ジャズライブ 文化

ハスキーズギャラリーで

12月3日号

小清水仏壇店年末セール

お仏壇ご奉仕価格 全商品仏具一式付きで1割~3割引き!

htt9://chigasaki-saijyou.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook