茅ヶ崎版 掲載号:2020年7月31日号 エリアトップへ

漁師の文化、色濃く 南湖地区を中心に

文化

掲載号:2020年7月31日号

  • LINE
  • hatena

 近年はしゃべる人が少なくなり、馴染みが無くなったものの、茅ヶ崎にも方言がある。主に南湖や柳島などで使われ、海や漁にまつわる用語が多くみられる通称「海ことば」と、市内北部の農家や旧家に伝わる「山ことば」に大きく分類されるという。前編となる今回は、海側の「南湖のことば」について紹介する。

 『今日はメッポーケースデッケーの捕れたから、やるぞー。ウンナラカシテコー』『田植えでゴッチョキッチャッタエー。最近ゴーノーがキカネー』『芋がホキタよう』(意味は表参照) 

 この威勢の良い、荒っぽい言い回しが「南湖のことば」の特長だ。「南湖は『半農半漁』で生活に追われて忙しいから、どっちかって言うとせっかちな人が多くて言葉も短い。のんびりしゃべってると『うすらバカ』って言われたり」。こう話すのは、南湖通りで八百屋を営む宍倉勝良さん(78)。生まれも育ちも南湖、西浜小2期生、西浜中1期生という生粋の”南湖っ子”だ。

 「トカゲは『カガミッチョ』、ギンヤンマは『オンジョ』。オンジョは南から北に飛ぶから『母ちゃん、今日はナレイ(北風)?』とか『沖じゃ、マンダラ、カタクワネー』(カツオが取れない)とか言ってたよ」と生物や海にまつわる言葉を使っていたと語る。また「『部屋がゴランミャケーシチャッテル』(めちゃくちゃになっている)とか『ウンナラカシテコー』(早く走って来い)『カッテボー』(バカヤロウ)とか大人が使ってたなぁ」と懐かしむ。南湖弁について「遊びながら使ってたし、大人が話していたのを見てたから、これが当たり前だと思っていた。でも、俺んなんかの世代も亡くなっている人もいるし、もうほとんど知らないんじゃねぇかなぁ。荒っぽいから柄が悪いって誤解されたこともあるよ」と笑う。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

聖火がつないだ不思議な縁

聖火がつないだ不思議な縁 社会

小学生の自由研究がきっかけ

10月15日号

海洋プラで万華鏡作り

海洋プラで万華鏡作り 教育

10月24日 うみかぜテラス

10月15日号

夜のゴルフ場 特別な体験

夜のゴルフ場 特別な体験 スポーツ

GDOが地域向け企画

10月15日号

ほのぼのイラスト展開催

ほのぼのイラスト展開催 社会

10月28日から

10月15日号

「#ちがすき」中間報告で1位

日本地域情報コンテンツ大賞

「#ちがすき」中間報告で1位 社会

読者投票は10月26日まで

10月15日号

「希望に満ちたシーズンに」

神奈川フィル

「希望に満ちたシーズンに」 文化

来シーズンのプログラムを発表

10月15日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

割烹竹万

新型コロナワクチン2回接種で10%割引も!

http://takeman.co.jp/newinfo/covitvaccine.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook