茅ヶ崎版 掲載号:2020年8月28日号 エリアトップへ

洪水時の「逃げ方」を可視化 茅ヶ崎版マイ・タイムラインシート

社会

掲載号:2020年8月28日号

  • LINE
  • hatena

 毎秋、日本各地で大規模な被害をもたらす台風やゲリラ豪雨。茅ヶ崎市内も相模川や小出川、千ノ川が流れており、大雨などにより大規模な洪水被害が発生するリスクがある。そこで、茅ヶ崎市は風水害に備えるためハザードマップを活用し、各家庭の家族構成や生活環境に合わせた事前防災計画「マイ・タイムライン」の作成を推進している。

 「マイ・タイムライン」とは、平成27年の「関東・東北豪雨」の鬼怒川の氾濫による被害を教訓に、常総市や国土交通省などが始めた取り組み。台風の接近によって河川の水位が上昇した時など、自分自身や家族がとる防災行動を時系列的に整理し、取りまとめる行動計画表となる。

時系列で行動を確認

 「茅ヶ崎市版マイ・タイムラインシート」は、市民全員が作成するものではなく、市が発行するハザードマップの「洪水浸水想定区域内」に居住する世帯(主に相模川沿いの市西部4分の1エリアで、柳島や中島、萩園ほか)が対象となる。

 シートでは、自宅の浸水深や浸水継続時間などの浸水の危険性を把握。そのほか、避難場所や避難の移動手段、避難するタイミング、避難のポイントなどを平常時から台風の進み方、雨の降り方、気象情報や行政が発令する警報などに応じて時系列で自分と家族が「いつどんな風に」防災行動を取るべきかを確認できるツールとなる。

 しかし、洪水は自然現象であるため、シートを作成したからといって安全ではない。また、シートで想定したとおりに進行するとは限らないことを肝に命じ、あくまでも行動の目安とし、気象警報や避難情報等をこまめに収集・確認しながら臨機応変に判断することが大切だ。シートは市内の洪水浸水想定区域内にある公共施設で配布しているほか、市ホームページからダウンロード可能。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

褐炭由来の水素でドローンデモ飛行

新たに80人の感染を確認

新型コロナ

新たに80人の感染を確認 社会

9月24日号

アヒルの「ぼんちゃん」地域のアイドル

アヒルの「ぼんちゃん」地域のアイドル 社会

高田在住のコールダック

9月24日号

就農10年「安定経営できてる」

就農10年「安定経営できてる」 経済

市内初の新規営農者 石川正人さん

9月24日号

深まる秋に花の便り

「コンテンツ大賞」に参戦

「#ちがすき」

「コンテンツ大賞」に参戦 社会

読者投票9月25日から

9月24日号

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook