茅ヶ崎版 掲載号:2021年4月9日号 エリアトップへ

ちがさきの方言【山ことば編】 農作業・家とともに 赤羽根・香川・芹沢の旧家を中心に

文化

掲載号:2021年4月9日号

  • LINE
  • hatena
小沢勝重さん (83)
小沢勝重さん (83)

 茅ヶ崎にも方言がある。市内北部の農家や旧家に伝わる通称「山ことば」と、主に海や漁にまつわる用語が多くみられる「海ことば」に大きく分類される。昨年7月に紹介した前編「南湖のことば」に続き、北部の「山ことば」について紹介する。

 「茅ヶ崎の北部の方言?そんなのは特別に無いし、知らないよ」。方々でこう言われたが、資料をもとに丁寧に聞き取りを行うと、面白いくらいに方言にまつわる昔話が出てきた。その多くが農作業や自然、風土にまつわる方言だ。

 「アサヅクリしなきゃ食えなくなっちまうよ」。そう言って10時の休憩中に、農業で使われる道具や用語の方言を紹介してくれたのは赤羽根の小沢勝重さん(83)。「どこでも出る葉は『ノラボーナ』、畑を耕すのは『ウナウ』とか。「よく『大山カンダチ、平塚オシメリ』とかいったもんだね」とほほ笑む。

 香川の旧家の岡本貞雄さん(86)は「方言を知ってるのは、昭和一桁の人ぐらいなもんだろうな。香川は『カガー』、辻堂は『ツイドー』。『カガワ』なんて言うのはよそから来た人だね」と笑う。「百姓の娘は嫁入り前に東京のお屋敷に奉公に入って行儀作法や丁寧な言葉を習うけど、男は地域にいるから、ソウダンベェとか、ヨスンベェヨとか、『ベーベー言葉』だよ」と語る。

 「昔は休憩を知らせるサイレンが鳴ってね。昼や3時には重箱に入ったご飯『オコジュウ』とかお焼き『ヤキビン』を食べたもんだよ」。農に関連する方言に加えて、「家」や祭事にまつわる昔話を振り返ってくれたのは芹沢・矢野福徳さん(81)。「お嫁にもらうなら『イセキムスメ』とか言って。昔は花嫁が歩いて自宅までくるから、『そろそろハナジョロ来るよー』って子どもたちが縁側からのぞいて。その重さで縁側が落ちたりして」と笑う。

岡本貞雄さん (86)
岡本貞雄さん (86)
矢野福徳さん (81)
矢野福徳さん (81)

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

市消防団長に市川隆雄さん

市消防団長に市川隆雄さん 社会

7年ぶりにトップ交代

4月9日号

図書館のツツジが満開

図書館のツツジが満開 文化

赤・白・ピンクがお出迎え

4月9日号

食堂での提供再開

おいしいね

食堂での提供再開 社会

4月15日(事前予約制)

4月9日号

「茅産茅消」チラシ完成

「茅産茅消」チラシ完成 経済

青果店などで配布

4月9日号

町営プール命名権導入

町営プール命名権導入 社会

HAYASHIウォーターパークさむかわ

4月9日号

使用済切手2万枚を寄贈

グリーンLC

使用済切手2万枚を寄贈 社会

障がい者の作品に活用

4月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter