茅ヶ崎版 掲載号:2021年4月23日号 エリアトップへ

絶滅危惧の白い花咲く 通称「ナンジャモンジャの木」

文化

掲載号:2021年4月23日号

  • LINE
  • hatena
小さな白い花が雪のように見える
小さな白い花が雪のように見える

 晴れた空の下、雪が積もったような不思議な木。「あの木はなんじゃ?」転じてナンジャモンジャ――。甘沼の成就院でヒトツバタゴ、通称ナンジャモンジャの木が見頃を迎えている。ヒトツバタゴはモクセイ科の落葉広葉樹。国内では自生地が限られ、絶滅危惧種の指定を受けている。同院では2003年に移植された。今年は10年前に同木から株分けした若木も花を付け、境内を一層華やげている。

 今年は例年より開花が早く、4月末頃まで楽しめる予定。鳴海善通住職は「気軽に足をお運びください」と呼びかけた。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

南極から環境考える

南極から環境考える 社会

大学教授による講座

8月19日号

自由研究のヒント紹介

記念碑設置へ向け写真展

記念碑設置へ向け写真展 社会

20日から支援も募集

8月19日号

中村咲良さん 決勝に

高校総体 陸上

中村咲良さん 決勝に スポーツ

北陽中出身 走幅跳に出場

8月19日号

野口さん宇宙の食語る

野口さん宇宙の食語る 経済

カップヌードル博物館で

8月12日号

「新型コロナかな」と思ったら

「新型コロナかな」と思ったら

抗原検査キットでセルフテストを

8月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月8日0:00更新

  • 7月1日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook