茅ヶ崎版 掲載号:2021年7月23日号 エリアトップへ

「長寿の祝いにひょうたんを」 愛好家団体が寄贈17回目

社会

掲載号:2021年7月23日号

  • LINE
  • hatena
佐藤市長から感謝状を手渡された久保会長(左から2人目)と武田副会長(3人目)=15日、市役所
佐藤市長から感謝状を手渡された久保会長(左から2人目)と武田副会長(3人目)=15日、市役所

 湘南ひょうたん会(久保利夫会長)はこのほど、手作りのひょうたん約80個を市に寄贈した。

 ひょうたんは市を通じてその年100歳を迎えた人に贈られており、今年で17回目を迎えたことから、7月15日には佐藤光市長が同会に感謝状を贈呈した。

 佐藤市長は「健康と長寿の象徴であるひょうたんを手渡すと、ご本人はもちろん、家族からも大変喜ばれる。ぜひこれからもお願いしたい」と話した。

 湘南地域の愛好家35人が所属するという同会は、今年で発足から33年目。普段は栽培や展覧会に向けた作品作りを行っている。

 100歳を迎えた人へのひょうたんの寄贈は、ほかの市町村でも行っているのを聞いた久保会長の提案で始まった。

 ひょうたんは春に種をまき、9〜10月頃に収穫、種を抜いた後に乾燥など工程が多い。

 また、一つ一つに「寿」の文字と達磨の絵が書き入れられているが、これらは全て副会長の武田一宏さんが手がけたもの。武田さんは「ひょうたんは表面が平らでないので絵を描くのが難しい」と話す。

 活動を始めた当初は10数個だったというが、年々数が増えているという。久保会長は「我々自身も年齢を重ね、作業が大変になっているが、喜んでくれる人がいるということは励みになる。これからも身体が動く限り続けていきたい」と話していた。

寿の字と達磨が書き込まれている
寿の字と達磨が書き込まれている

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

ボランティアの魅力発信

ボランティアの魅力発信 社会

動画で担い手増ねらう

9月17日号

コンバインドBで全国へ

陸 上

コンバインドBで全国へ スポーツ

松浪小6年 立石亮馬君

9月17日号

インボイス制度学習会

インボイス制度学習会 社会

9月23日(木) 茅ヶ崎民主商工会

9月17日号

ローカルファーストの実践へ

まちづくりシンポジウム

ローカルファーストの実践へ 社会

9月17日号

 小出川沿いに早めの彼岸花

 小出川沿いに早めの彼岸花 文化

「20日前後から見頃」

9月17日号

『ヴェニスの商人』を無料配信

2021音貞オッペケ祭

『ヴェニスの商人』を無料配信 文化

ユーチューブで30日まで

9月17日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook