神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
茅ヶ崎版 公開:2024年3月29日 エリアトップへ

全日本選手権 7選手が活躍 テコンドー茅ヶ崎道場

スポーツ

公開:2024年3月29日

  • X
  • LINE
  • hatena
左から滝沢さん、中村さん、平間さん、大島さん、中川さん、大原さん、青木さん
左から滝沢さん、中村さん、平間さん、大島さん、中川さん、大原さん、青木さん

 第35回全日本テコンドー選手権大会が2月25日、代々木第二体育館で開催され、テコンドー茅ヶ崎道場(若松町)所属の選手たちが、個人戦・団体戦で活躍した。

 今大会ではコロナ禍で中止となっていた団体戦が復活。神奈川県チームは、同道場に所属する6人が代表として出場し、トゥル(型)とマッソギ(組手)でそれぞれ準優勝を飾った。

 神奈川チームのキャプテンを務めた中川友太さん(30)は昨年、世界選手権にも出場した実力者。個人戦はトゥル男子3段の部で優勝したものの、マッソギ男子マイナス58kg級では初戦敗退。「もともと実力が拮抗している階級。相手の対策を上回れなかった」と反省を口にする。

 それでも団体戦では大車輪の活躍でチームを決勝に導いた。「若い選手はこの経験を次に繋げてほしい」と話す。

 その団体戦マッソギで大活躍したのが平間陽太さん(25)。個人戦はマッソギ男子マイナス64kg級に出場して3位。「個人戦での反省を踏まえて、臨むことが出来た」という団体戦は、上の階級の個人戦チャンピオンを破るなど絶好調で、敢闘賞も受賞した。

 「近年は怪我がちで不安も多かったが、身体の調子も良く自分の実力を出し切れた」と笑顔を見せた。

 青木一翔さん(24)は、個人戦ではトゥル男子3段の部に出場し初戦敗退。それでも「切り替えて臨むことができた」という団体戦では4試合に出場してチームに貢献した。豊かな才能は誰もが認めるところ。「ゼロからのつもりで練習に取り組みたい」

 中村祐月さん(19)はシニアとして初の全日本大会で、団体のトゥル、マッソギに出場。初勝利はお預けとなったが「自分の未熟な部分がわかった」と振り返る。

 大原海里さん(27)は団体トゥルに出場。「幼い頃から一緒に練習してきた選手も多くお互いミスをカバーできた。次は個人戦で成績を残したい」と意気込んだ。

 滝澤悟さん(33)はマッソギ男子プラス71kg級で3位に入った。「足を止めずに自分の得意のかたちに持ち込むことができた」と話した。

大島さん有終の美

 大島寛子さん(35)は出場した個人・団体全種目で優勝し、優秀選手賞にも輝いた。

 身長150cm足らずと体格には恵まれていないが、細部まで突き詰めた高い技術で数々の勝利を手にしてきた大島さん。年齢規定の変更で、今大会が最後の全日本となるため入念な準備で臨んだ。苦手のマッソギでは男子とも練習を重ね、本番では綿密な作戦で勝利をたぐりよせた。「最後にいい成績で終わることができて良かった」と笑顔を見せた。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

子ども250人を無料招待

劇団かかし座

子ども250人を無料招待

『長靴をはいたねこ』

4月19日

健康を自覚すれば健康に?

健康を自覚すれば健康に?

そよらで講話と測定会

4月19日

「音楽やりたい」をサポート

「音楽やりたい」をサポート

有限会社長谷川楽器店長谷川徹さん(56)

4月19日

「本当の価値」提供したい

「本当の価値」提供したい

株式会社グローブ企画中川信義さん(54)

4月19日

春の時代絵巻 盛大に

春の時代絵巻 盛大に

奴頭は田中ことみさん

4月19日

21日午後から交通規制

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月1日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 11月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大岡越前縁の寺で祭

【Web限定記事】

大岡越前縁の寺で祭 文化茅ヶ崎市

4月20日 「浄見寺まつり」

4月16日~4月20日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook